事態対処用救急救命キット「TIFAK」販売開始 事態対処用救急救命キット「TIFAK」販売開始

(株)理経は、一般社団法人TACMEDA(タックメダ)協議会と販売代理店契約を締結し、小型・軽量で個人携行可能な事態対処用救急救命キット「TIFAK(タイファック)」の販売を開始した。
先般、国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊に対する「駆け付け警護」などの新任務が付与されることが決定し、派遣隊員の外傷を負うリスクが今まで以上に大きくなった。また、世界中どこで起きるかわからないテロの懸念は日本国内にも増すばかりで、特に2020年に向けてテロ対策を万全にすべく、今からテロ発生を想定した負傷リスクへの備え、訓練を行っていく必要がある。
このような有事、テロなどで致命的な外傷を負った場合においても、通常初期の応急処置(ファーストエイド)を適切に行うことによって、負傷者の生存率を高めることができる。
「TIFAK」は、銃創、爆傷、刃物による外傷を負った際に、迅速に応急処置するために必須な救急品を厳選し、国際的に実績のある9品目のアイテムを世界で最も薄くパッケージ化したもの。
「TIFAK」は世界最軽量級で、水に浸っても緊縛止血能力に影響が出ない伸縮式止血帯、血液を凝固推進させる素材で作られたガーゼ、真空圧縮された包帯などファーストエイドに必須の9アイテムの救急品が、ポケットに入れて携行できるほど薄く、使用する順番に合わせて真空パッケージされた状態で収められている。

◆特長・仕様
・超薄型最軽量(約200g)
・サイズ(約170 mm×90 mm×30mm) (自衛隊などで採用されているマガジンポーチにも収容可能)
・テキスト付属
・TACMEDA特許(必要な物品を使用する順序に従い収納し携行する方法)出願中
・そのほか各種単体での販売可能
・出張トレーニング対応可(有料)
・キット内容品
水に浸っても止血能力に影響が出ない「伸縮式止血帯」
負傷者にダメージを与えない「被服等裁断カッター」
薬品への耐性が強い「極薄グローブ」
血液を凝固推進させる素材の「ガーゼ」
傷口に詰め込みやすいようZ折りに圧縮された「ガーゼ包帯」
止血のための沈子としても使用可能な目の負傷用「アイシールド」
屋外で使用可能な強力粘着性のある「救急テープ」
泥まみれになっても書き続けられる「油性ペン」
負傷者の優先度の表示ができる「記録カード」

(株)理経
http://www.rikei.co.jp