URLチェックAPIをAWS Marketplaceで提供開始 既存のソリューションに組み込み、ワールドクラスのセキュリティクラウドに接続できる

エフセキュア(株)は、Amazon API Gateway上で動作する新しいURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」を、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Marketplaceで提供開始する。
「F-Secure Security Cloud API for AWS」は、Amazon API Gateway上で実行され、クラウド内の悪意のあるコンテンツのURLをチェックし、コンテンツタイプ別に分類する。AWS Marketplaceにおいて、注目APIグループのひとつとして選定されており、リンクや共有機能を備えたあらゆるクラウドサービスのセキュリティを強化する。
AWS Marketplaceは、APIを利用する顧客のソフトウェア調達手順を簡素化し、使用量課金で、広範かつ重要な機能を提供。「F-Secure Security Cloud API for AWS」は、安全なリンク共有を確保する専用のセキュリティコンポーネントをAWSの顧客に提供し、顧客企業は、社内製品やAWS上で提供される商用製品・サービスに統合することで、同社のスレットインテリジェンスエンジンへの直接接続が可能になる。
「F-Secure Security Cloud API for AWS」は、他のクラウドサービスのセキュリティを補完し強化するように設計されている。このAPIは、絶えず拡張しているデジタル脅威のナレッジベースを含むデジタル脅威分析システムである「F-Secure Security Cloud」上に構築されており、また同社の製品で受賞歴を誇るデスクトップ製品およびサーバー製品で使用されているものと同じ技術をベースに構築されている。
「F-Secure Security Cloud」により、APIはサービスのパフォーマンスを損なうことなくリンクの安全性を検証する。悪意のあるリンクをブロックして検疫し、管理者がさらなる分析と処理を行うためにログに記録し、フラグを付けることができる。URLはコンテンツのタイプに応じて分類され、不審なコンテンツ(ヘイト、アダルトなど)にはフラグが付けられる。このアプローチにより、クラウドサービスがマルウェアや不要なコンテンツを広めることを防ぎ、IT管理者は脅威を調査して対応することができる。

エフセキュア(株)
https://www.f-secure.com/ja_JP/