レンタカー業界で新たな試み 自然災害時のトラブル対策「車載防災セット」搭載車の取扱を開始

(株)三八五オートリースは、レンタカー業界としては新たな試みとなる「車載防災セット」搭載車の取扱を開始した。
2011年3月東日本大震災、2016年4月熊本地震でも車での被災者が多く出た。その一方で、レンタカー業界として、利用者への災害時やトラブル対策は十分ではなかった。同社は、利用者の「車内防災」という観点から、安心・安全をセットにして提案している。

◆搭載セットの特徴
・デザイン事務所NOSIGNERとのコラボにより“スタイリッシュ”で“コンパクト”な車載防災セットを実現
何を用意してよいか分からない方が多い、車用の防災セットだが、「CAR EMERGENCY BOX」はB5サイズで厚さ4cmのブック型ボックスに8点の必需品を詰め合わせたセットで、ダッシュボードやシート下に搭載している。
・車用の非常時マニュアルブックによる、災害発生時やレジャー先で起こりやすい車のトラブルに対応するための内容が書かれている。
・殺菌された飲料水をたっぷりと含んだウォータータオルが入っており、傷口や清潔な水を必要とする場合、また患部をタオルで固定する場合に使用できる。
・付属品
車用非常時マニュアルブック(災害時や事故、車によるトラブルに対処するためのマニュアル)
ウォータータオル(殺菌された飲料水をたっぷり含んだタオルを真空パックに入れてある)
携帯トイレ(車内使用を想定した受け口、500ccの吸水機能付き)
ティッシュ(トイレ使用時、その他でも使用できる)
瞬間冷却パック(力を加えて叩くと、瞬間的に冷える冷却材)
アルミブランケット(裏表で防寒、断熱として使用できる)
使い捨てカイロ(厳寒時対応として使用できる)
クリップ付きえんぴつ(災害時や事故の際などメモを残すために使用するえんぴつ)

(株)三八五オートリース
http://www.miyago-leasing.co.jp/