スマートデバイス向けWebフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」販売開始

アルプス システム インテグレーション(株)は、スマートデバイス向けWebフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」の販売を開始した。
現在、多くの企業が、業務効率の向上を目的にスマートフォンやタブレットを業務端末として活用しており、スマートデバイスはビジネス活動に欠かせないツールになっている。
同社は、スマートデバイスの安全な業務利用を実現するため、WebフィルタリングからMDM、社内アクセスまで一括管理できる統合セキュリティサービス「InterSafe MobileSecurity」を2015年6月より提供開始した。専用ブラウザを使わず、Safariや他のブラウザでもWebフィルタリングが可能な点が高く評価され、多くのユーザーが利用している。
一方で、MDMを導入済みの組織からは、「既存のMDM環境は維持したまま、Webフィルタリング機能のみを導入したい」という要望があり、今回、Webフィルタリング機能に特化した「InterSafe MobileSecurity Lite」の販売を開始した。

◆「InterSafe MobileSecurity Lite」の特長
「InterSafe MobileSecurity Lite」は、専用アプリをインストールすることで、専用ブラウザを使用することなく、Safariや他のブラウザでのWebフィルタリングが可能なクラウドサービス。既存のMDM環境を維持したままで、ブラウザに依存しないWebフィルタリングを手軽に導入することができる。
Webフィルタリングは、13年連続シェアNo.1の実績を持つ同社の「InterSafe WebFilter」と同等の機能を搭載している。セキュリティを重視した国内最大クラスの148カテゴリに分類されたURLデータベースにより、正確かつ柔軟なWebアクセスコントロールを実現する。

アルプス システム インテグレーション(株)
http://www.alsi.co.jp/security/ismblite/