水難事故における漂流捜索機「SEARCH-ME」発売 捜索時間は従来の1/30最大1~5km四方を6秒で捜索 捜索能力は目視の100倍相当GPS・通信費不要で捜索範囲は360度

テレネット(株)は、海上など携帯キャリアの電波がない場所でも、親機から子機を探すことができる漂流捜索機「SEARCH-ME(サーチミー)」の販売を年2月1日に開始する。
ダイビングや釣り・津波での行方不明・漁船転覆・漁業従事者など、海難事故に遭遇し漂流した場合、従来では目視捜索するしかなく、天候の良い時や昼間、目視できる範囲しか探せないなど、天候や時間・場所の制限があった。ヘリで探しても、広すぎる海面では漂流者を見つけ難く、漂流した場合の致死率は高いのが現状。 「SEARCH-ME」では電波を使用して機器を捜索する。電波の飛距離は親機から最大1~5km四方まで全方位360度。探して子機(ID)が見つからなければ「近くにいません」と表示されるので、次の地点(最大5km)へとポイントを移動しながら時間をかけず捜索範囲を絞っていくことができる。
さらに1台の子機を複数の親機で捜索することも可能。船やヘリなど捜索場所を手分けして同時捜索することで、今までかかっていた捜索時間の約30分の1、約40分の1にもなり、目視で捜索するよりも圧倒的に効率良く捜索を行うことができる。生存率が急激に低下する「72時間の壁」の前段階である低体温症になる前に発見することで、生存率の向上に繋がる。
また、大地震における津波などの災害時には、多くの「SEARCH-ME」の子機を持った人やモノが海に出た場合、ID毎ではなく「一括捜索」で探すことも可能。
ボートなどに付けて捜索範囲を広げるダイビングショップ、漁業関係者、レジャー向け「中継機」も用意している。捜索範囲は、ダイレクト探索飛距離の(親機と子機・親機と親機同士)の約2倍、面積換算4倍以上。2台まで中継器を選ぶことができ、捜索面積をさらに拡大する。

テレネット(株)
TEL 03-5927-1164

http://www.telenet.co.jp/search-me