フルHD画質のネットワークカメラシステム「TRIFORA」 録画装置「ネットワークレコーダー」を新発売

TOA(株)は、ネットワークカメラシステム「TRIFORA」シリーズを拡充し、録画装置「ネットワークレコーダー」4機種の発売を開始した。  「TRIFORA」シリーズは、カメラをLANなどのネットワークに直接接続し、映像の監視・制御を行うセキュリティ用途のネットワークカメラシステム。従来のアナログシステムの約6倍(当社比)となるフルHD(1920×1080pixel)画質の高精細映像を、最大30fpsのフル動画で、ネットワークを経由して配信する。
「ネットワークレコーダー」は、「TRIFORA」シリーズのカメラと接続し、撮影映像のライブ表示/録画/再生を行う。これまでカメラ16台、または32台接続用モデル5機種をラインアップしていたが、今回、新たに4台用、9台用のモデル4機種を追加発売し、シリーズを拡充した。

◆市場
商業施設、オフィス、マンション、学校などの防犯用途、多店舗展開するチェーン店舗などの遠隔監視用途、公園、屋外施設などの広い敷地を持つ施設など。

◆主な特徴
最大30fpsの滑らかなフルHD動画で、撮影映像のライブ表示/録画/再生が可能。H.264画像圧縮方式による長時間録画を実現し、HDD容量4TBモデルの場合、最大で約198日間の連続録画が可能。機能面では、システム設定を省力化した「かんたん接続確認機能」を搭載。簡単なマウス操作(別売)で、接続カメラの登録や、複数カメラを一画面で表示する場合の割り付けなどを、自動的に行う。機構面では、内部冷却用のファンを必要としない「ファンレス」仕様を採用。静粛性に優れている。また、商品付属のスタンドを利用し、縦置き設置が可能。設置の省スペース化を実現している。

TOA(株)
http://www.toa.co.jp/