ネットワンシステムズが開発・提供する 新たなクラウドネットワークソリューションパッケージの戦略的提携に3社合意

アリスタネットワークスジャパン(同)、ヴイエムウェア(株)、ネットワンシステムズ(株)は、ネットワンシステムズが開発・提供する新たなクラウドネットワークソリューションパッケージの戦略的提携に合意したことを発表した。
近年市場が拡大しているIoTやビッグデータなどを活用した新しいビジネス分野では、大量・大容量・多地点のデータ処理が求められ、アプリケーションとプラットフォームを迅速かつ柔軟に結合/分離できる新しい情報基盤の需要拡大が見込まれている。
今回の戦略的提携の目的は、クラウド基盤とネットワークをより密接・セキュアに統合し、既存投資の保護と将来技術への柔軟な対応も実現する新たなクラウドネットワークソリューションをネットワンシステムズがいち早く開発し、さらにパッケージ化して導入・利活用しやすい形で提供することによって、このソリューションパッケージが拡大する市場において主要なポジションを獲得すること。
ソリューションパッケージの構成要素として、アリスタは仮想ネットワークソフト「Arista vEOS」及びネットワーク管理ソフト「Arista CloudVision」を、ヴイエムウェアは仮想ネットワークソフト「VMware NSX(TM)」をはじめとしたクラウド基盤製品群を提供する。
そしてネットワンシステムズは、ネットワーク及びクラウド基盤のデザイン/インテグレーション技術を通じて、アリスタとヴイエムウェアの各製品を組み合わせたクラウドネットワークソリューションを、日本のユーザーが簡単に導入・利活用可能な形にパッケージ化する。
ソリューションパッケージの当初のターゲットはクラウド基盤とし、以下の実現を図る。
・クラウド基盤とネットワークの有機的な統合およびセキュリティの向上
・クラウド基盤全体の可視化(テレメトリ)
・自動化による、運用負荷の劇的な削減
・オープンな仮想ネットワークによる、既存のネットワークに対する投資保護、及び、将来技術導入における柔軟性の確保
さらに今後、アリスタ、ヴイエムウェア、ネットワンシステムズの3社は、ビッグデータ活用に向けたセキュアな企業内/企業間/クラウド間の仮想ネットワークや、柔軟性の高いエッジコンピューティングの実現に向けたIoTネットワークなど、ソリューション適用範囲の拡大を図る予定。

ネットワンシステムズ(株)
http://www.netone.co.jp