「竹中センサーグループ総合見本市」 開催 見て、聞いて、触れて、実感。新たなビジネスチャンスのご提案!

竹中センサーグループは、1月27日・28日に、神戸ポートピアホテルにおいて恒例の「竹中センサーグループ総合見本市」を開催した。
竹中エンジニアリング(株)、竹中電子工業(株)、竹中オプトニック(株)、竹中システム機器(株)のセンサ・セキュリティ機器・情報機器・制御機器・画像機器など時代の最先端をゆく新製品・主力製品が、広い会場にところ狭しと展示された。参考出品の「テロ対策コーナー」や、「ご提案書・設置例写真コーナー」、「フォグガードデモ実演」等多彩な展示に、多くの来場者が参集した。
また、完全予約制の「TAKEXソリューションセミナー2017」では、「監視カメラ市場の現状と各ソリューションのご提案」、「高機能画像判別センサ使用による問題解決のご提案」、「1トリガ3スキャン方式カラーラインスキャンカメラソリューションのご提案」、「ラインレーザが解決・レーザ照明用途例のご提案」等のセミナーが開催された。

◆セミナー「監視カメラ市場の現状と各ソリューションのご提案」
防犯カメラによる発生抑止・証拠確保の必要性から防犯カメラ市場は、2015年の395億円から2020年には金額ベースで51%増の拡大が予測される(富士経済調べ)など、急速に拡大している。
 現在では、アナログカメラ、ネットワークカメラ、AHDカメラ、HD-SDIカメラ、HD-TVIカメラ、EX-SDIカメラ等様々な映像信号規格により複雑化している。
セミナーでは、それぞれのカメラシステムの特長やマンション、駐車場等の用途に応じた最適な監視カメラの選定の提案から、トラブルの原因・対処法に至るまでが丁寧に解説された。
また、監視カメラ市場の今後の方向性や、新技術にも触れるなど、盛りだくさんのセミナーに多くの受講者が熱心に聞き入っていた。

◆センサーLEDライト付きAHDカラーカメラ PVL-692AH
2016年11月に発売開始以来、大好評のセンサー・ライト・カメラ一体型のAHDカメラ。
・2メガピクセル1/2.8 型プログレッシブスキャンCMOSセンサーを採用し、フルハイビジョンを実現。
・広角のバリフォーカルレンズ搭載で水平画角96°から33°、垂直画角52°から19°まで調整可能。
・センサーとカメラ、ライトが独立可動出来る。
・LEDライトは4灯で最大照射距離は20mまで可能。
・夜間でも明るく遠くまで映し出すことが可能。
・防塵・防雨対応で屋外設置が可能。
・同軸ケーブルでの長距離伝達を実現。
・映像出力信号をAHDもしくはアナログのどちらかをスイッチにて選択が可能。
・明るさに応じた商品ラインナップにより設備向けから家庭向けまで幅広い用途に使用できる。

◆その他注目の新製品カメラ
2016年12月発売が開始された「EX-SDIハウジング型デイナイトカメラ VHC-IR930EX」「EX-SDIデイナイトカプセルカメラ VCC-IR930EX」も好評で、高感度センサー・ハイパワーLEDで明るさが大幅にアップするなど0ルクスの暗闇でも鮮明な画像を実現する他、遅延のないフルハイビジョンの映像をEX-SDI映像信号方式対応により、HD-SDI方式の約3.3倍の最大500mの長距離伝送を可能にするなど、多彩な機能で注目を集めている。
また、2017年2月下旬発売予定で、AHDプリセットドームカメラに光学10倍ズームレンズとでデイナイト機能を搭載し、オプションにより埋め込み・壁面設置が可能な「屋内用AHD PTZカメラ」も展示され注目を集めていた。

◆その他の展示
・受信機(4周波切替対応型) RXF-200A/RXF-300A
4周波切替機能を搭載し、送信機や中継機を多数設置した時の電波混信を軽減することができる受信機。

・LED人感ライト LCL-51/LCL-52
ライト部はチップオンボード型LEDを採用、広範囲をムラ無く照射する一般家庭向けに適した小型デザインのLED人感ライト。

・コントローラ C-804/C-808
法人向けに開発した新型コントローラで、個別に24時間常時警備か、警備連動(警備中のみ警報動作)を選択できるため、現場の用途に応じて様々な警備パターンを選択することができる。

・車両通過検知用LED回転灯 LHU-100R/LHU-100Y
方向判別機能を備えた音声報知機能付LED回転灯で、2台のセンサーを接続することで、駐車場や敷地内からの車両出庫時に回転灯による注意喚起が可能。

竹中エンジニアリング(株)
TEL 075-594-7211

http://www.takex-eng.co.jp/