ICカードを利用した安全・安心メールに「ピットタッチ・ビズ」を採用 生徒の登下校の時間を保護者へメールで配信

(株)スマート・ソリューション・テクノロジーは、多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校が導入した、ICカードを利用した安全・安心メールに、ネットワーク対応非接触ICリーダーライター「ピットタッチ・ビズ」が採用されたことを発表した。
聖ヶ丘中学高等学校では、生徒の登下校管理における安全対策として、ピットタッチ・シリーズと連携する(株)日立ソリューションズ・サービスの「スクールメールサービス」を導入した。「スクールメールサービス」は、生徒が登下校時にICカードをタッチするだけで通過時間を保護者に自動的にメールで通知することが可能で、その他にも一斉メールの予約配信や個別配信、出欠管理との連携など様々な機能が利用できる。
共働き夫婦の増加等の労働環境の変化とともに、子供が一人で活動する時間が長くなる中、子供が被害者となる犯罪が増加するなど社会環境が変化している。このような環境変化の中、平成17年には内閣府、警察庁、文部科学省、経済産業省による「学習塾に通う子どもの安全対策推進委員会」が設置され「学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン」が発表された。この中で学習塾に通う子どもの安全対策のひとつとして「子どもの登塾、退塾(入室、退室)の正確な時刻を保護者に告知するために、可能な範囲で設備・システムの構築に努める」ことが示され、各塾では通塾時の打刻管理システムの導入が進むと共に、保護者への安全・安心メールの配信に積極的に取り組んでいる。

(株)スマート・ソリューション・テクノロジー
http://www.sstinc.co.jp/