「セコム安否確認サービス」の通知に「LINE」アプリを使用LINEと連携した危機管理サービスの提供を開始 発売

セコムグループの情報通信事業を担うセコムトラストシステムズ(株)は、「セコム安否確認サービス」の利用者向けに、大規模災害 発生時のセコムからの安否報告依頼を LINE(株)が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のメッセージ通知でも受け取 ることのできる機能を提供する。 「セコム安否確認サービス」は、大規模災害発生時に、復旧・継続の鍵となる事業継続の 初動に必要な人員が確保できるかどうかを、電話や電子メールの機能活用し、社員・家族 の安否と事務所など現地の状況を迅速に収集・把握し、適切な判断をサポートするサービ ス。2004年9月にサービスを開始し、現在 6,100 社 550 万人(2016 年9月現在)が利用 する国内最大級の危機管理サービスとなっている。 「LINE」は登録者が 6,800 万人を超え(2016 年99月現在)、幅広い世代で広く普及しており、 コミュニケーションツールとして社会インフラ化している。
今回「セコム安否確認サービス」が「LINE ビジネスコネクト」を活用して、「LINE」 と連携し、ユーザーの利用頻度が高い「LINE」を使ったメッセージ通知が付加できるよう になることで、通知の“気づき”をより高めることが可能となり、一層迅速かつ円滑な安 否確認につながると考えている。登録されたユーザー情報は強固なセキュリティを誇るセ コムの「セキュアデータセンター」で厳格に管理する。サービスの利用には別途「セ コム安否確認サービス」のオプション契約が必要で、料金は1社につき月額 5,000 円(税 別)を追加。セコムの「LINE」アカウントとメッセージをやり取りする形で、利用者にサ ービスを提供する。

◆「セコム安否確認サービス」の特長
・セコムあんしん情報センターの専門スタッフによる「初動サポート」
セコムがセキュリティ事業で培った経験とノウハウが凝縮されている。
充実したサポート体制
①セコムあんしん情報センターの専門スタッフによる「初動サポート」
24 時間 365 日体制で国内の災害情報を収集し、震度5弱以上の地震や事前に 取り決めた災害などが発生した際には契約先企業の担当者へ電子メールで災害の発生を通知する。
②導入から運用までをサポート
ユーザーの組織や施設の配置などに合わせた利用の提案、教育支援など、導 入から運用までをスムーズに行うほか、専門技術員による技術サポートも行う。また、必要に応じて初動マニュアルの作成などの初動支援サービスも実 施している。導入後は災害訓練計画や実施後の評価・改善提案についても支援する。
③信頼のシステム運用
セコムの国内最高水準の「セキュアデータセンター」でシステムを運用。複数拠点でのバックアップなど信頼性を確保している。
・導入と管理の手間がかからない「機能レンタルサービス」
機能レンタル方式なので、導入と管理の手間がかからず、リーズナブルな料金体 系を実現。また、ユーザーのニーズに合わせて機能の追加や改善も実施もできるため、 最新の機能をそのまま利用できる。
・ユーザーの声による機能の進化
ユーザーの要望に積極的に対応することが可能。過去には「新型インフルエ ンザ確認機能」を標準サービスとして提供した実績もあり、ユーザーのニーズに合わせて最適なサービスを提供できる。

セコム(株)
http://www.secom.co.jp/