導入実績8,500社を誇るAssetView、マルウェア対策や脆弱性対策が行える新製品を発表エンドポイントの多層防御に必要不可欠な新機能

(株)ハンモックは、「AssetView(アセットビュー)」の新製品として、AIによるマルウェア解析が行える未知の脅威対策「AssetView W」と脆弱性情報の収集からパッチ適用まで効率的に行える脆弱性対策「AssetView P」を発表した。
近年、猛威を振るう標的型攻撃や「Locky」等に代表される「ランサムウェア」の被害が増えている。こういった脅威を完全に防御することは残念ながら不可能だが、被害を最小限に抑える為の対策は可能であり必要不可欠。  「AssetView」は、このようなセキュリティ対策強化へのニーズをいち早く取り入れ、企業が行うべき必要最低限の対策に関連する2つの新製品を2017年春にリリースする。

◆新製品の特長
・AssetView W(未知の脅威対策)
パターンファイルマッチングでは対処しきれない企業を狙う未知の脅威に対して世界最高レベルの「振る舞い検知」で対策。
1. 「ランサムウェア」対策
万が一、ランサムウェアに感染しても暗号化されたくない重要なデータをバックアップしデータの復旧が容易に行えるため安心
2. 「マルウェア」対策
1日約30万件のマルウェア解析をAIで実施、蓄積した世界最高レベルの振る舞い検知機能によってユーザーの安全を確保
3. 「スパム」対策
メール本文、ヘッダ、添付を解釈して未知の脅威の混入から保護
・AssetView P(脆弱性対策)
PCの脆弱性によるセキュリティリスクを回避するため、脆弱性情報の収集やパッチの入手、適用PCの判別、配布作業を自動化して、管理者の工数を大幅削減できる。
1. 煩雑な作業を自動化
セキュリティ勧告情報の入手や動作確認、適用対象の抽出などを自動化
2. さまざまな種類のソフトウェアにも対応
Microsoftだけではなく、Adobe ReaderやFlash Playerなど広範囲のメーカーをカバー
3. 端末に応じて適用すべきソフトを自動で判別
管理者はファイルを選んで配信スケジュールを組むだけでパッチ適用を実施

(株)ハンモック
http://www.hammock.jp/assetview/w

http://www.hammock.jp/assetview/p