IoT を多様な環境へ拡張可能にする 小型化に特化した産業用イーサネットスイッチ「Cisco IE 1000 シリーズ」販売開始

ネットワンシステムズ(株)のグループ会社で、パートナー企業との協業に特化して ICT インフラを提供しているネットワンパートナーズ(株)は、設置空間の制約から利用の多い低機能スイッチからの切り替えを狙い小型化に特化し、多様な環境に拡張するシスコシステムズの小型の産業用イーサネットスイッチ「Cisco Industrial Ethernet 1000 シリーズ」を、パートナー企業経由で販売を開始した。
近年、工場・発電所・空港・河川・ビル・ショッピングモールなど様々な場所で各産業特有のクローズドシステム・センサー・IP カメラなどをネットワーク接続する IoT のニーズが拡大している。これら機器をネットワーク収容する現場ではスイッチの設置スペースに制約のある場合が多いこともあり、従来は小型のアンマネージドスイッチ(管理機能がないスイッチ)が多く利用されていた。
しかし、アンマネージドスイッチでは機器の状態を監視することができず、障害を未然に防いだり障害発生の迅速な検知ができないことから、接続先のシステムやアプリケーションの可用性が低下する大きな課題があった。 そこで、従来利用されていたアンマネージドスイッチから同製品に切り替えることで、重要性の高い多様な IoT ネットワーク環境へと拡張可能となる。

◆「Cisco IE 1000 シリーズ」の特長と用途
従来、設置空間の制約等で利用されていたアンマネージドスイッチから切り替えることで、重要性の高い IoT ネットワークを多様な環境へ拡張可能とするイーサネットスイッチ。
小型化に特化して機能を最小限に絞りつつも、SNMP と syslog による機器状態の診断・分析を通じてネットワークダウンタイムを最小化可能な、高い耐環境性能を持つ。
PoE サポートモデルも用意し、IP カメラや Wi-Fi アクセスポイントなどを電源不要で多様な場所に柔軟に設置できる。
ポートセキュリティや VLAN/IGMP/DHCP のサポートによる不要な通信のブロックや、QoS による通信性能の確保も可能。
運用管理面では、Web ベースの管理ツールを使用することで、IT の専門知識を持たなくても容易に管理や単一の管理画面から、CPU 使用率/メモリ利用率/温度/LED などの状態確認、さらにVLAN/PoE/QoS/ポートセキュリティなどの各種設定が可能。

ネットワンパートナーズ(株)
TEL 03-6256-0700

http://www.netone-pa.co.jp