“塗るだけで木の炎焼を防ぐ”初の木部用塗料発売自然素材活用の「人と環境に優しい」国産自然塗料

(株)シオンは、国産防炎自然塗料「U-OIL(ユーオイル) ファイアガード」の発売を開始した。 木に塗るだけで身の回りにある防炎カーテン、カーペットと同等の防炎効果を付加可能。木部用塗料の中で「塗るだけで防炎効果を期待できる塗料」は、日本初(同社調べ)となる。 「U-OIL ファイアガード」は、新国立競技場の屋外木部用途料を提案した際に、防炎性能を求められたことをきっかけとして開発、製品化された。新国立競技場での使用については現在も提案中。
同社は、植物油、天然顔料等の自然素材を活用した、人と環境に優しい木部用塗料(同業界ではこれを「自然塗料」と呼ぶ)の製造、販売を行っている。主力製品は、2012年に販売を開始した国産自然塗料U-OILで、この度発売する「U-OIL ファイアガード」は、植物油をベースにホウ酸系防炎成分を配合、塗るだけで防炎効果が期待できる自然塗料。

◆主な特長
・「木は燃えやすい」という危惧感に木部用塗料で応えた製品
近年、床、腰壁等を無垢の木で施工する、いわゆる自然素材住宅というものが増えている。国産材を有効に活用しようという流れやLOHAS的な趣向がその背景にある。
一方、防炎カーテン、カーペット等身の回りには防炎加工された製品が沢山ある中で、唯一「木部」のみが防炎対応されないままになっていた。  私たち日本人は古来より木を住まいに活用し、世界のどこの民族よりも木に親しい民族である一方で、先日の新潟糸魚川市大規模火災で改めて思い知らされた「木造(=木)って燃えやすい」という危惧感がどこかにある。 「U-OIL ファイアガード」は、そんな私たちの危惧感を少しでも解消する製品。
・「塗るだけで木の炎焼を防ぐ防炎効果」を化学系塗料ではなく自然塗料で実現
同社は元々自然塗料の製造・販売を行っていたこともあり、その延長で植物油、天然顔料等の自然素材を活用し、これにホウ酸系防炎成分を配合することで製品化。化学系成分主体ではなく、自然素材を活かした成分構成となっており、人と環境に優しい製品となっている。
新築住宅、リフォームをはじめ、すでに木を利用している方の防炎性能付加メンテナンスも可能。
・安全性のみならず他の性能も充実
「U-OIL ファイアガード」は、自然塗料に求められる安全性はもちろん、速乾性、着色性等施工性に優れている。また、屋内屋外共用であり、屋外での高い耐候性(約4年色落ちしにくい)も有している。その上に「防炎効果」を付加した高機能自然塗料。

◆試験結果
・「U-OIL ファイアガード」を活用した当社製品(防炎間仕切り)は、公益財団法人日本防炎協会にて防炎製品性能試験を行い、「防炎効果が期待できること」が認められている。
・防炎製品性能試験は、「U-OIL ファイアガード」を塗布した杉の試験体で45°メッケルバーナー法を実施。これにより「塗るだけで防炎効果が期待できること」が認められている。

(株)シオン
https://u-oil.jp/u-oil-plus/fireguard