パレットラック用地震対策商品納品開始特殊な工事・工具が不要で既設のラックにも後付可能

 日建リース工業(株)と三進金属工業(株)は、共同でパレットラック用地震対策商品「減震デッキ(免震&制震デッキ)」及び「減震ブレース(免震&制震ブレース)」を開発した。(両商品共、特許出願中)
地震発生時に「人の安全」と「資産」を守る2つのアプローチとして開発された「減震デッキ」及び「減震ブレース」は、4月より納品を開始する。市場に800万台以上存在すると思われるパレットラックに対し、初年度販売目標:5,000セット、3年間で2万セットの販売を目指す。

・既存設備に取り付け可能で工事不要
既に設置されているパレットラックに装着可能で、メーカーを選ばない為、ほぼ全てのパレットラックに取り付け可能。特殊な工事・工具が不要なので、ユーザーでも簡単に取り付けが可能。
・荷物の落下リスクを軽減する「減震デッキ(免震&制震デッキ)」
独自のスライド機構により、奥行きだけでなく間口方向にもストロークし、減衰ゴムでエネルギーを吸収。パレットの加速度を約4分の1に押さえる。後付可能なので、既設のラックにも置くだけで設置完了。人的・物的被害を引き起こす荷物の落下リスクを軽減する。
・ラックへのダメージを抑制する「減震ブレース(免震&制震ブレース)」
パレットラックの背面に取り付ける事で、地震の揺れを吸収し、ラックにかかる負担を軽減。間口方向にかかる揺れを約2分の1に軽減。事業の継続を妨げるラックの破損や倒壊リスクを軽減する。後付可能なので、既設のラックにも簡単に取り付けることが出来る。

◆製品概要
・「減震デッキ(免震&制震デッキ)」
パレットラックのビーム上に設置した減震デッキにパレットを載せることで、減震デッキが地震の揺れを吸収し、パレットに伝わる揺れを抑える。これにより、人的被害、物的被害などを引き起こす荷物の落下リスクを軽減する。
独自のスライド機構により、奥行き方向だけではなく間口方向にもスライドすることでラックからパレットへ揺れを伝えにくくし、また減衰ゴムによりそのエネルギーを吸収することで、パレットに伝わる地震エネルギーを約4分の1に抑える。
また、減震デッキ2本で1パレット分。パレット単位で自由に取り付けできるので、ラック上段部や特に落下を防ぎたい箇所にだけ取り付けることができる。

・「減震ブレース(免震&制震ブレース)」
パレットラックの背面へ減震ブレースを取り付けることで、地震の揺れを吸収しラックにかかる負担を減らす。これにより、人的被害、物的被害などを引き起こすラックの破損、倒壊リスクを軽減する。
ブレースダンパーの減衰ゴムがブレースにかかるエネルギーを吸収し、ブレースやラックにかかる負担を軽減。ラックに伝わるエネルギーを約2分の1に抑える。
また、パレットラック背面へ減震ブレースを取り付けるだけの構造で、低コスト・短工期で地震対策が行える。

日建リース工業(株)
http://www.nrg.co.jp/nikkenlease/