学校環境用アクセスポイント新製品 「AP-501AC E model」を発表総務省の「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」に対応し、文教ソリューションラインナップを拡充

  サイレックス・テクノロジー(株)は、文教市場向けソリューションラインナップに、学校環境用802.11ac対応無線LANアクセスポイント「AP-501AC E model」を新たに追加し、2017年6月に販売を開始する。
2016年12月26日に総務省より公表された「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」「2017年度予算案」において、2017年度から2019年度の3年間で約3万か所にWi-Fi環境を整備することを目標に掲げ、「公衆無線LAN環境整備支援事業」として災害時の避難場所への無線環境の整備が推進されている。この避難場所として学校が重要な整備対象として挙げられている。
同社の教室用アクセスポイントはICT教育推進の目的で約300の自治体に採用されてきたが、防災の側面から、避難場所にあたる体育館・多目的室などのアクセスポイントとの効率的な統合管理を求められていることから、学校環境用802.11ac対応無線LANアクセスポイント「AP-501AC E model」をリリースすることになった。

◆学校環境用802.11ac対応無線LANアクセスポイント「AP-501AC E model」の特徴
・災害時の避難住民の様々な端末を接続可能にする多彩な無線規格(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)をサポートし、2.4GHzおよび5GHzの同時動作にも対応している。
・教室用アクセスポイント製品群と無線LAN統合管理ソフトウェア「AMC Manager(R) E model」で最大10,000台を統合管理できる。
・「AMC Manager(R) E model」を利用して事前設定しておいたAP群を災害時に一斉開放する機能
・不特定多数の接続者への公平な接続時間に配慮した連続接続時間と再接続拒否時間を設定可能
・無線技術のノウハウを活かし、電波特性を損なわない設計を施した専用の衝撃防止金具をオプションラインナップ。体育館などへの設置を考慮している。
・製品5年無償保証

サイレックス・テクノロジー(株)
http://www.silex.jp/index.html?pr=170330