鹿児島銀行「eバンクサービス」における“声紋認証”の構築に技術提供スマートフォン向けインターネットバンキングでは国内初

 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン(株)は、鹿児島銀行が提供する個人向け「eバンクサービス」へ「声紋認証」技術を提供した。スマートフォン向けインターネットバンキングの本人確認に採用されるのは日本初となる。
スマートフォン等を利用したインターネットでの金融取引が拡大している中、鹿児島銀行は、FinTechを活用した取組みの一つとして、昨年度、生体認証を活用したインターネットバンキングの行員試行を複数の方式で実施した。その結果、同社が提供する「声紋認証」方式を新たな本人確認手段として導入し、2017年10月からサービスを開始することを決定した。これにより、スマートフォン環境におけるネットバンキングの利便性とセキュリティ性の向上が同時に実現する。

◆声紋認証システムの特長
同システムは、ユーザーの発話から、アクセントや速度などの行動的特徴と、声道や声帯などの身体的特徴を抽出した「声紋(Voiceprint)」を利用する次世代型本人認証方式。一人ひとりに固有の生体情報を用いるため、忘れることがなく、なりすましに強いという特徴があり、海外の主要金融機関の多くで既に導入が進んでいる最先端のテクノロジーとなる。

ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン(株)
http://japan.nuance.com/