PCの盗難・紛失による情報漏えいを「無」にする 「ZENMU for PC 3.2」をリリース

 (株)ZenmuTechは、2017年6月1日より、データの無意味化により「情報の安全」を実現するオープン・セキュリティ インフラストラクチャ「ZENMU(ゼンム)」のPC版「ZENMU for PC」の最新バージョン3.2を販売開始する。
今回のリリースでは、無意味化された分散片の外部ストレージの保管先として、無線で接続されたiPhoneが選択できるようになった。
業務上の重要な情報が入ったPCを外部へ持ち出すことによる情報漏えいリスクは、改正個人情報保護法の遵守やワークスタイル改革の推進にとって大きな課題。PCの社外持ち出しを制限せざるを得ないケースも多く、また持ち出しするファイルを暗号化する対策が検討されるも、暗号化漏れや対象とできないデータファイルもあり導入面、運用面の課題となっている。
「ZENMU for PC」は、情報を意味のないデータに変換して分割(無意味化)した上で、分散片をPC内のストレージとUSBメモリやiPhoneなどの外部ストレージに物理的に分散保管することで、PCの紛失や盗難にあった場合にも情報漏えいにならない状態にする。「ZENMU for PC」をインストールしたPCに、分散片が保管された外部ストレージを接続するとPC内の分散片と外部ストレージ内の分散片から、情報を含んだZENMUドライブ(仮想ドライブ)が復元し、ユーザーは情報にアクセスすることができるようになる。
新バージョンでPCとiPhoneを無線接続することで、iPhoneとPCの無線による接続が断たれると、ZENMUドライブ(仮想ドライブ)の利用が制限されます。
また、従来PCとiPhoneをUSBケーブルで接続する場合に必要だったiTunesのインストールが不要になり、セキュリティポリシーによってiTunesのインストールができなかった企業でも、無線接続でのiPhoneを外部ストレージとして、「ZENMU for PC」の利用が可能となる。
2017年3月27日にリリースした、仮想ドライブが利用できる場合のみ、ユーザーのデスクトップ環境の利用が可能になる「ZENMU for PC」のZENMUモードと、今回リリースするiPhoneとの無線接続により、ユーザーの利便性と情報セキュリティを両立させ、いつでもどこでも、安心・安全なPCの利用が可能となり、ワークスタイル改革や情報の漏えい対策の推進を強力に支援する。

(株)ZenmuTech
http://zenmutech.com