日本ロックセキュリティ協同組合 平成29年度通常総代会開催される

 日本ロックセキュリティ協同組合は、5月26日、東京都港区のホテルアジュール竹芝に於いて平成29年度通常総代会を開催した。
同協会は、鍵業者として国内唯一の内閣総理大臣認可を受けた組織として、平成10年に設立されて以来本年で18年間、組合員各々がその社会的使命に応え、地域に密着しながら自主的な経済活動を促進し、その経済的地位の向上を図ることによって、社会秩序の維持に貢献し、国民の安全に寄与することを目的として活動してきた。
我が国の侵入窃盗犯は、1日100件以上発生しているおり、そのうちの40%以上が無締りによるものである中、防犯意識を高めるため、6月9日を「我が家のカギを見直すロックの日」と定め、全国一斉に組合員が地域の警察や防犯関係団体の協力のもと、街頭で防犯チラシなどの配布活動を行う他、10月には「全国地域安全運動」に協力した広報活動などを行っている。
また、知識・技術・サービス面でのより一層の向上を目的とした助成金活用のキャリアアップ講習会や、技能面の向上を図るための講習会・研修会もさらに充実させていく方針をとっている。
共同受注事業においては、組合員の経済活動促進のために、様々な業界から錠に関する取り付け・交換あるいは錠のメンテナンス事業に対する業務の紹介事業も行っている。
さらに、厚生労働大臣認定を得た社内検定制度である技能検定試験も実施しており、組合員の技能・地位の向上に役立っている。
今回の同組合総代会では、第1号議案から第5号議案まで全て承認可決された。
また、総代会終了後に行われた意見交換会では、ロックバンド「infix」による、同組合理事長 鈴木祥夫氏が作詞、infixが作曲・歌を担当した防犯ソング「カギかけロックの唄」他の演奏も披露され盛況のうちに閉会した。

日本ロックセキュリティ協同組合
TEL 03-3265-0505
http://www.jalose.org/