Avigilon社製超高解像度カメラシステムと自己学習型ビデオ解析監視業務の自動化、省力化をサポート

  (株)ケーティーワークショップは、1986年設立以来、英国Paxton社製入退室管理システム(Net2)や、デンマークMilestone社製IP監視カメラシステム他の全国販売を行い、2014年からは、カナダAvigilon社製超高解像度カメラシステムの全国販売も開始した。
同社は、単にソフトウェアのライセンス販売だけでなく、システムのデザインからシステムインストール、トラブルシューティングまでを担当し、IP監視カメラシステムの構築に関連するネットワーク、WindowsOSに関する多くの経験とノウハウを蓄積している。
Avigilon社は、2004年カナダで設立され、ネットワーク映像管理ソフトウェア&ハードウェア、監視カメラ、アクセスコントロールなどのソリューションの設計、開発、製造を行う総合メーカーで、監視業務をいかに自動化、省力化するかに特化して日々開発を進めており、1MPから7Kまでの豊富なカメララインナップを誇る他、ソフト面では、High Definition Stream Management(HDSM)(TM)という特許技術を開発・提供、自己学習型ビデオ解析や使い勝手の良いビデオ管理ソフトウェアAvigilon Control Center(ACC)など他社にない技術を開発し続けている。

◆Avigilon超高解像度カメラシステム
5K・7Kといった超高解像度カメラを使用することにより、少ない台数のカメラで広範囲エリアを監視することが可能となり、導入コスト、運用コストを低く抑えながら重要な映像データを撮り逃すことなく残すことができるため、スタジアム、大規模公共施設、病院、複合オフィスビル、警察・刑務所、学園キャンパスなど、さまざまな場所で導入されている。
また、最大137TBの記録容量を誇るHD NVR Premiumもリリースされており、超高解像度カメラの録画をサポートしている。

◆帯域を気にしない映像配信システム(HDSM)
高精細なHD監視映像を配信すると、通常帯域幅やストレージに負荷がかかるが、Avigilonの製品には、特許取得済みのHDSM技術が搭載されているため、精細な画像は損なわずに帯域幅とストレージの効率的な管理を実現できる。
HDSM技術とは、取得した画像の中でリクエストされた部分だけをオペレーターのワークステーションへと送信することで、最高画質を提供しながら転送帯域を低減し、オペレーターが比較的低機能ワークステーションを使用しても問題ないなど、コスト削減を実現できる技術である。

◆自己学習型ビデオ解析技術
Avigilonのビデオ解析機能には通常ビデオ解析操作で行うCalibration(目盛り、較正、比較して適切な値に調整すること)が一切必要ない。カメラを設置した瞬間からビデオ解析がスタートするので、人を検出するのか車両を検出するのか、どのようなルールでアラートを出すのかといった設定を行うだけ。
人や車両に関する高度な動向パターン分析技術により、カメラを設置してから12時間~24時間でその撮影シーンの状況を学習し、オブジェクトの「らしくない動き」は自動的に対象から排除して解析精度を上げていく。自己学習を完了した後、ユーザーは録画映像を見ながら 「真」・「偽」の判定をし、それぞれ30例の判定を積み重ねることでさらに精度を上げる「Teach by Example(サンプルごとに分析指導)」機能により、更にビデオ解析機能のパフォーマンスを上げることができる。

◆サーバ組み込み型監視カメラ(Edge Solutionカメラシリーズ)
 Edge Solutionカメラには、カメラ本体にソリッドステートドライブ(SSD)ストレージと映像管理ソフトウェアAvigilon Control Center(ACC)が内蔵されており、HD画像、自己学習型ビデオ解析、録画サーバといった機能が標準で搭載されているため、ソフトウェアライセンス不要、録画サーバやレコーダーも不要で、クライアント ソフトウェア「ACC Client」をインストールした表示PCさえあれば、複数のカメラ映像をまとめてライブ・再生できる。カメラ内蔵SSDで録画容量が不足であれば、同ネットワーク内のNASなどのネットワークストレージに録画データを保存しておくこともできる。

◆Avigilon Appearance Search
1つのサイトに設置された複数のカメラの録画データから特定の人物を指定し、その人物に似た録画データを検索する機能である「Avigilon Appearance Search」は、ショッピングモール・大学のキャンパス・ホテル・展示会など大規模施設での迷子探し・不審者探し・不審物の追跡・来場者間のトラブルなどの非常に手間のかかる作業を高度なサーチテクノロジーにより、現場全体から短時間で容易に見つけ出すことができるため、応答時間を劇的に短縮できる他、鑑識作業も強化される映像サーチの新しい手法である。

◆Avigilonが提供する今後のテクノロジー
「Avigilon Appearance Search」を進化させ、同じ車を探す、同じ顔を探すといった、さらに高度な映像サーチ機能の他、珍しい動きを検知するとアラートを発する検知機能である「Avigilon Unusual Motion Detection」も近々発表される予定。

(株)ケーティーワークショップでは、超高解像度カメラのみならず、Avigilon Control Center といった他社には見られない高度なソフトウェアも魅力のAvigilon社カメラシステムを取り扱っている。

(株)ケーティーワークショップ
TEL 03-6450-8810
http://www.kt-workshop.co.jp/