ディープラーニングを用いた高速自動顔マスキング技術を開発改正個人情報保護法の施行に対応

 アイテック(株)は、改正個人情報保護法の施行に対応した動画顔自動マスク技術を開発した。監視カメラで撮影された画像から人物の顔をリアルタイムに認識・モザイク加工することで、本来撮影を必要としない個人情報をマスクする。
深層学習と同社独自のアルゴリズムをあわせた新開発の認識エンジンにより、高速にリアルタイムでマスキング処理を行うことで、記録された動画は個人特定ができないため個人情報保護法の対象外となる。
記録&検出された顔情報は別の場所に暗号化して保存されるため司法の求め等により必要な場合には書き戻す事も可能。従来では認識が難しかった斜めから撮影された画像や、一部が遮蔽されていても顔と検知。固定カメラだけでなく、車載カメラや稼働式の監視カメラにも対応する。

◆Parking Eyes3
多くの実績を持つ独自の車番認識エンジン「LPR」による高性能車番認証システム。
VIP顧客の出迎えや注意喚起などが設定できる「柔軟な条件登録」、外部システム やゲートとも連動できる「強力な連携機能」に加え、事務所から遠隔にある複数のゲートの入退状況を確認できるなど、多くの機能が進化。パッケージになっているため簡単に導入でき、入退場管理だけでなく駐車場の長時間駐車のチェックや要注意車両の警告などのニーズにも幅広く利用できる。

◆メーター検出解析システム
針式メーターを画像認識し数値として出力するシステム。同社独自アルゴリズムに
より不安定な画像でも確実に数値を読み取ることができる。

アイテック(株)
http://www.eyetech.jp/