業界初、IPカメラをIoTデバイスとして活用するクラウド対応「Vieurekaプラットフォーム」を開発

 パナソニック(株)は、IPカメラを様々な用途のIoTデバイスとして活用する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム(以下、Vieureka PF)」を開発した。このVieureka PFは、業界で初めてクラウドからIPカメラ内に搭載された画像認識機能を容易に入れ替えることができるとともに、制御や動作状況の監視を可能にする。用途に合わせてIPカメラの機能をカスタマイズでき、店舗でのマーケティングや、工場での従業員の行動管理、病院・介護施設での見守りなどさまざまなシステムを実現するとともに、クラウド上でのシステム運用が容易になる。
近年、IPカメラで画像認識した結果を活用する用途開発が進んでいる。しかし、IPカメラの画像認識機能はハードウェアやファームウェアとして実装されているため、実現できる機能が限られている。また、パソコンによる画像認識機能はコスト高になるという課題がある。
Vieureka PFは、高性能CPUを搭載したVieureka対応のIPカメラを活用することで、カメラ内の画像認識機能をクラウドから容易に入替え、制御、状態監視することができる。公衆回線を通して、外出先のスマホからでもアクセスが可能。また、このVieureka PFはパソコンを使わず、Vieureka対応カメラとクラウドのみでシステムを構築できる。
通常、IPカメラの映像データは数Mbpsと非常に大きいため、カメラの台数が多くなるほど、大容量の映像データをクラウドに送信し、画像認識を行うことが困難になる。
Vieureka PFは、カメラ内で画像認識を行い、データ量が数十バイトから数百バイトと小さい認識結果のみをクラウドに送ることで、ネットワークのトラフィックやクラウドの処理の負荷を増大させることなく、カメラの設置台数を増やすことができる。クラウド上の認識結果は、目的に応じて集計・分析・可視化(グラフ表示など)が可能。また、画像認識機能の入れ替えにより、多用途対応を実現する。なお、クラウドだけでなくオンプレミスでの運用も可能。
同プラットフォームを活用した「人物検出を用いた店舗向け来客分析サービス」と「従業員入退室管理システム」は、すでに納入・活用されている。

◆Vieureka PFの主な機能
・Vieurekaコントローラ
画像認識機能の入れ替え、制御、状況監視を可能にするカメラソフトウェアで、カメラのアプリケーション開発を容易するAPIを備えている。複数の画像認識機能ごとに、任意の解像度やフレームレートで映像を取得および画像処理ができ、その結果をクラウドに送信したり、ファイルシステムへ保存することを可能にする。加えて、クラウド上のVieurekaマネージャーとカメラが通信するためのWeb APIも備えており、Vieurekaマネージャー経由の画像認識機能の入れ替えと制御(実行、停止、設定値変更)、状況監視(処理負荷監視など)を実現する。
・Vieurekaマネージャー
Vieureka対応カメラ及びカメラ内で動作する画像認識機能の制御・状況監視が可能なクラウドアプリケーション。複数のカメラを用いたシステムや複数の拠点でシステムを運用する際に、各カメラの状態監視及び画像認識機能のアップロードと制御(実行、停止、設定値変更)、状況監視、ログファイルの取得をWebブラウザ上で遠隔から容易に行うことができる。また、カメラや画像認識機能に異常が発生した場合にはEメールで通知する機能も提供する。
・Vieureka SDK
画像認識機能をパソコン上で開発するためのソフトウェア開発環境。プログラミング言語はC/C++。

パナソニック(株)
http://www.panasonic.com/jp/