サイバー攻撃対策とワークスタイル変革を同時に実現する仮想デスクトップパッケージを販売開始

 ネットワンシステムズ(株)のグループ会社で、パートナー企業との協業に特化してICTインフラを提供しているネットワンパートナーズ(株)は、サイバー攻撃対策とワークスタイル変革を同時に実現する、標的型攻撃対策を組み込んだ検証済み仮想デスクトップパッケージ「EgisDesktop」の販売を開始した。
近年、生産性向上によって長時間労働を改善するワークスタイル変革のニーズの高まりとともに、標的型攻撃等の高度なサイバー攻撃への対策が必要とされている。
この要望に仮想デスクトップは対応するものの、セキュリティ要素も加えた上で安定した体感速度を実現するシステム設計・構築にはネットワーク・仮想化・セキュリティなど幅広く高度な技術が必要なため、パートナー企業からは検証済みのパッケージ製品が求められていた。
「EgisDesktop」はこれらの課題を解決するもので、ネットワングループの設計・構築ノウハウをパッケージ化することで高度なセキュリティ対策と安定した体感速度を両立した、検証済みの仮想デスクトップパッケージ製品。パートナー企業は、設計・構築の工数を大幅に削減可能で、より提案活動に注力することができる。
「EgisDesktop」の構成は、パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティソフト「Traps」、ヴイエムウェアの仮想デスクトップソフト「VMware Horizon(R)」及びサーバ仮想化ソフト「VMware vSphere(R)」、シスコシステムズのサーバ「Cisco UCS」及びデータセンタースイッチ「Cisco Nexus」、そして、ティントリのエンタープライズクラウドプラットフォーム「Tintri VMstore」。
これらの構成によって、従来のシグネチャベースの手法ではカバーできなかった未知の脆弱性を突く攻撃(ゼロデイ・エクスプロイト)や高度なマルウェア攻撃であっても防御可能にするとともに、ある仮想デスクトップで急激な負荷が発生しても他の仮想デスクトップの性能に影響しないように自動的に調整して安定したパフォーマンスを実現する。また、仮想デスクトップ単位で仮想マシン・ストレージ・ネットワークそれぞれの遅延発生箇所を単一の画面で可視化できるため、問題が発生した際でも速やかに対処することが可能。
「EgisDesktop」の主な販売対象は、中規模~大規模企業、官公庁・自治体で、拡張が容易な 500 ユーザ版「EgisDesktop 500」と、大規模環境向け 1000 ユーザ版「EgisDesktop 1000」の 2 モデルを用意。今後、小規模環境向け 200 ユーザ版の提供も予定している。
なお、「EgisDesktop」の開発にあたり、ネットワンパートナーズは(株)エヌ・ティ・ティネオメイトと、「Traps」が仮想デスクトップにもたらす高度なセキュリティと「Tintri VMstore」が基盤にもたらす安定したパフォーマンスについて、共同検証を実施した。
この検証データに基づき、ネットワンパートナーズは「EgisDesktop」を開発し、NTTネオメイトはクラウド型デスクトップサービス「AQStage 仮想デスクトップ」の、本年 3 月から提供開始された新プラン「AQStage 仮想デスクトップマネージドセキュアプラン」の開発に反映している。

ネットワンパートナーズ(株)
TEL 03-6256-0700
http://www.netone-pa.co.jp