広角レンズをカメラ玄関子機に搭載テレビドアホンVL-SZ50シリーズ2機種を発売玄関周りを広範囲にとらえて、約5型ワイド液晶ではっきりと確認できる

 パナソニック(株)は、カメラ玄関子機に広角レンズを搭載し、玄関周りを広範囲に確認できる約5型ワイド液晶のテレビドアホンVL-SZ50シリーズ2機種の発売を2017年9月14日より開始する。
昨今、モニターで来訪者が確認できないことへの不安を感じる人が多く、玄関周りをしっかり確認できるテレビドアホンが求められている。
同製品は、玄関周りを左右約170°と広範囲に確認できる広角レンズをカメラ玄関子機に搭載した。約100万画素のカメラを採用したことで画質が向上し、約5型のワイド液晶の大画面で来訪者をはっきりと確認することができる。また、SDカードスロットを搭載し、SDカード(別売)に30秒の動画を最大3,000件録画保存できる。さらに、VL-SZ50KPは、アルミサーキュラーライン仕上げのカメラ玄関子機を採用し、スタイリッシュな玄関周りを演出する。

◆主な特長
・玄関周りを広範囲に確認できる広角レンズをカメラ玄関子機に搭載
左右約170°の広範囲を確認できる広角レンズをカメラ玄関子機に搭載し、玄関周りの様子を広々ととらえることができる。
カメラの画素数を約100万画素に高精細化したため、くっきりとしたきれいな画像で来訪者を確認できる。
大画面約5型ワイド液晶を採用し、来訪者をはっきり確認できる。
・SDカードスロット搭載で、1件約30秒の動画を最大3,000件保存
来訪者を動画でSDカードに保存することができる(1件約30秒、最大3,000件)。再生ボタンを押すと、日時の新しい動画から確認できる。SDカードに録画した動画はパソコンで保存・再生が可能。
・アルミサーキュラーライン仕上げのスタイリッシュなカメラ玄関子機を採用(SZ50KPのみ)
VL-SZ50KPのカメラ玄関子機は、アルミサーキュラーライン仕上げでデザインに高級感を持たせ、スタイリッシュな玄関周りを演出する。
また、カメラを中心にしたサークル状のラインを施すことで、自然と目がカメラに向かうようになり、来訪者の顔をよりドアホンに映りやすくするデザイン効果もある。
・夜でもカラーで来訪者確認できる。LEDライト(照明用ランプ)搭載の玄関子機
・同社製の電話機やファクスで来客応対「電話機・ファクス接続」
・モニター画面表示(赤点灯)と通知音でお知らせ「住宅用火災警報器連動」
・モニター親機から離れた場所で呼出音を鳴らせる「呼出音増設スピーカー接続」
・操作や設定がスムーズにできる「操作ガイド表示」

パナソニック(株)
http://panasonic.jp/door/