AI人物検索サービス「Takumi Eyes」を提供開始監視カメラ映像の確認作業を自動化し、目視で1時間かかる人物の特定を15分以内に完了

 NTTコミュニケーションズ(株)は、AI(人工知能)技術の一種であるディープラーニング(深層学習)を活用して、録画映像から不審者などの特定人物を自動検出することができるAI人物検索サービス「Takumi Eyes」の提供を開始した。
同サービスは、今まで目視で行っていた監視カメラ映像の確認作業を自動化する。人の目で1時間かかる人物の特定を15分以内に短縮することができると同時に、見逃しの可能性が大幅に減少する。同サービスは、商業施設での不審者捜索や、自治体における地域防犯などで利用できる。
同サービスで活用されるAIは、NTTのAI関連技術「corevo(R)(コレボ)」を構成する技術の一つ。
社会の安全意識が高まる中で、監視カメラの需要や、その映像データ量が年々増加している。従来はカメラ映像を蓄積し、必要な時に過去映像を目視で確認する利用方法が一般的であったが、近年はAI技術の進歩などにより、映像データを解析し、防犯やマーケティングなどに活用する新たな利用シーンが増え始めている。同社はAIによって、映像解析を防犯やマーケティングなど、積極的に利活用することを支援する。

◆主な特長
・監視カメラ映像の確認稼働の軽減
録画映像からAIが自動的に不審者などを検索し、特定する。これにより多くの監視カメラ映像を目視で長時間モニタリングする作業を自動化し、異常などの見逃しを軽減することができる。
例えば1時間の映像から特定の人物を探す作業は目視の場合、通常1時間かかるが、AI人物検索を利用すれば、15分以内で人物を自動的に特定することができ、確認作業の時間を大幅に短縮できる。
・後ろ姿やモノクロ映像でも特定が可能
AIが同一人物を特定するための要素をあらかじめ学習しているため、後ろ姿など様々な向きや角度の人物でも検索ができる。また、モノクロ映像においても高い精度で検索することが可能。
・既存監視カメラの録画映像も活用可能
現在利用中の監視カメラで録画した映像のファイルから、特定の人物が何時何分にどのカメラに映っていたかを時系列で追いかけることができる。ユーザーが同社へ映像ファイルを送付し、同社が検索結果をレポートする。
・監視カメラを含めたパッケージ提供も可能
新規に監視カメラ導入を検討中のユーザー向けに、オプションとしてAI人物検索とクラウド型監視カメラをセットにした「クラウド監視カメラパッケージ」を用意している。AI人物検索に加えて、人数カウントや動線マップなどの映像解析や、監視カメラの購入、設置・保守をワンパッケージで提供する。

APIを用いた既存の監視カメラとのシステム連携によるAI人物検索の利用や、ライブ映像からリアルタイムにAIが人物を追跡することができる機能など、今後も新たな映像解析を強化・拡充していくとのこと。

NTTコミュニケーションズ(株)
http://www.ntt.com/