「元祖」超多機能特定小電力トランシーバーDJ-Rシリーズの最新作機能を満載してデビュー DJ-R200D(L/S)

 アルインコ(株)は、特定小電力トランシーバーの最上位機種J-R200Dの発売を開始した。交互通話・同時通話・中継機能を業界で初めて1台に実装した「元祖」超多機能特小無線機DJ-Rシリーズの最新作 DJ-R200Dは設定内容を日本語で伝える音声ガイダンス、各種アラームに応用できるショック&温度センサーなど新たな機能をタフなIP67耐塵、防浸ボディに満載した。
さらに着信バイブレーター、選べるアンテナサイズ、イヤホン断線検知、ACアダプターやシガーケーブルが使える外部電源端子、500項目を超えるカスタマイズ(セットモード)項目を採用、最上のスペックに仕上げている。

◆主な特徴
・イヤホンマイクを使ってもIP67、ねじ込み式のプラグを採用。
・特小無線用全47chを実装、交互・同時・中継モードのすべてに対応。
・交互通話と同時通話の中継器としても使用可能。(対応機種ならリモコン操作でR200Dの中継設定を変えることもできます。同時通話中継器として使うには、DJ-R200DLを2台と専用連結ケーブルADUA-97が必要。)
・単三電池2本で駆動、音声出力は400mW以上を確保。さらに着信バイブレーターを内蔵、騒音の大きな現場での通話がよりスムーズ。
・2つのチャンネルを交互に受信し、2系統の通信にすぐ対応できるデュアルオペレーション搭載。
・カバーエリア重視と携帯性最優先,ユーザーの使用環境に合わせて選べる長短2種のアンテナモデル。
・スマホから簡単にPDFの説明書が見られる筐体裏のQRコード。
・同社の特小無線機では初、一件、30秒までの受信音声を録音可能。(録音音声をデータとして外部出力することはできない。)
・タイムアウト直前に別のチャンネルに自動で移動することで、キャリアセンス等に掛かる約0.5秒の中断だけで10mWの連続送信ができる「(タイムアウトペナルティ)短縮モード」を初めて採用。
・一度行った設定を記憶させ、以後の煩わしいボタン操作を省略できる12chのメモリー。
・スタンド不要、外部電源端子からLi-Ionバッテリーパックを直接充電可能。
・グループトーク、テールノイズキャンセル、秘話、キーロック、個別呼び出し、着信ベル、エンドピー、バッテリーセーブや自動オフ、PTTホールド、送信禁止、緊急通報、選べる着信音や液晶表示切替など、従来の代表的な機能はフル装備。
・マイクゲインや秘話周波数設定、VOXディレイ時間など管理者用の拡張セットモードも充実。

アルインコ(株)
http://www.alinco.co.jp/