EVE MAが日本ヒューレット・パッカードのIceWall MFAと連携シングルサインオンと生体認証でユーザーのセキュリティと利便性を飛躍的に向上

 (株)ディー・ディー・エスの多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」が、日本ヒューレット・パッカード(株)の提供する多要素認証基盤IceWall MFAとの連携が完了した。
日本ヒューレット・パッカードのIceWall MFAは、Webアプリケーションやクラウドサービスを改修せずに、多要素認証(Multi Factor Authentication)により認証を強化できるソリューションで、プラグイン仕様公開によるパートナーエコシステムを採用することで、テクノロジーパートナー会社が提供する各種認証方式との連携を容易に行うことができる。
今回、連携する認証基盤として、Windowsログオンのみならずアプリケーションや仮想環境での多要素認証が自在に適用可能となる「多要素認証統合プラットフォーム EVE MA」が採用され、共同技術検証を実施した。
同連携により、IceWall MFAの認証機能に多要素認証(生体認証(指紋、顔、指静脈、手のひら静脈)、ICカード(FeliCa、MIFARE)、ワンタイムパスワード、テンポラリパスワード、MA独自パスワード等)を追加できるようになる。また、Webアプリケーションのみならず、デスクトップアプリケーションに対してもシングルサインオンが可能となり、セキュリティのみならず利便性の向上が可能となる。

(株)ディー・ディー・エス
https://www.hpe.com/jp/ja/japan/icewall/report/dds_evema.html