日本初、被災地支援と大規模イベント警備対応オンサイトセンター(移動式モニタリング拠点)を開発

 セコム(株)は、被災地支援や大規模イベント警備において、機動力を活かしたリアルタイムな情報収集・情報提供・現場指揮を可能にする車両型の「オンサイトセンター(移動式モニタリング拠点)」を開発した。
東日本大震災をはじめ、昨年4月の熊本地震や今年7月に発生した九州北部豪雨災害など、日本国内では広域災害が頻発しており、それとともに被災地におけるセキュリティニーズが高まっている。
そうしたなか同社では、昨年 12 月から「セコム災害支援プロジェクト」を開始し、被災地において行政や災害ボランティア団体を通じ、セコムグループの技術・ノウハウを活かしたさまざまな被災地支援を展開してきた。
オンサイトセンターは、被災地支援を展開するために、これまで培ってきた技術力・ノウハウをもとに同社が独自に開発したもの(民間防犯として日本初)。車両内部には、「仮設カメラ」や「ウェアラブルカメラ」「車載カメラ」の映像など、さまざまな情報を表示するモニタリング画面を搭載。広域災害の被災地に入り、避難所や災害対策本部で求められるセキュリティニーズに基づき、情報収集や状況確認を行う。そして、それらの情報を避難所・災害対策本部にリアルタイムに提供するなどして、被災地支援を展開していく。
また、現在同社では、大規模スポーツイベントや国際会議において、高精度な3次元立体地図で警備計画の立案を支援する「セコム 3D セキュリティプランニング」、上空から広域の見守りを実現する「セコム飛行船」「セコム気球」、地上からのリアルタイムな情報収集を可能にする「仮設カメラ」「ウェアラブルカメラ」「車載カメラ」など、独自の技術力・開発力を駆使して、広い空間を立体的に隙なく見守る「立体セキュリティ」を提供している。
こうしたセキュリティシステムとオンサイトセンターを連携させることで、災害時のみならず大規模イベント警備でも機動性を活かした現地指揮拠点として活用していく予定。

■オンサイトセンター(移動式モニタリング拠点)の利用イメージ
例)被災地支援におけるオンサイトセンターの利用イメージ

例)イベント警備におけるオンサイトセンターの利用イメージ

◆オンサイトセンター(移動式モニタリング拠点)の特長
・車両型を採用することで、被災地やイベント会場など必要とされる場所に、必要な時に移動することが可能。災害対策本部や警備本部の立ち上げ時に必要な場所の確保、機材の準備などがなく、機動性を活かした活動ができる。
・「仮設カメラ」や「ウェアラブルカメラ」からの映像を表示するカメラ画面、カメラの
設置場所やスタッフの現在地を表示するマップ卓・スタッフの状況の把握や情報のやり取りを行うスタッフ卓、それらの情報を一つの画面に統合して表示することができる情報統合卓など、最新技術を駆使した機材を搭載している。
・収集された情報は、リアルタイムに遠隔拠点に提供可能。被災地においては、避難
所や災害対策本部、大規模イベント警備においては、警備本部や救護拠点などに提供可能。そこからのフィードバックを被災地支援や大規模イベント警備に反映するなど、さまざまなセキュリティニーズに柔軟に対応する。

セコム(株)
http://www.secom.co.jp/