「避難者顔照合システム」の販売を開始迅速な避難者検索で安否確認をサポート

 (株)理経は、新製品「避難者顔照合システム」の販売を開始した。
大規模災害が起こった際、通信基地局が損壊してしまうとその地域の通信網は使えなくなり、復旧までに時間を要する。当然、携帯電話やスマートフォンもすぐには使えない状況が想定される。2011年の東日本大震災では、離れ離れになった家族や知人を探すために、避難所の台帳や掲示板の張り紙を一つ一つ探すしか方法はなかった。現在運用されている被災者台帳は、実際には記載されないことも多々あり、避難所の統廃合などで台帳が更新される場合、電子データに反映されるのに多大な時間と労力を要する。
「避難者顔照合システム」は、写真さえあればスマートフォン、タブレットを利用して各避難所に設置されたカメラで撮影された顔写真データベースと照合し、「個人」を特定することができる。
避難所に複数台のネットワークカメラを設置し、カメラの前を通過した人を高速に撮影・登録する。ネットワークカメラを設置できない避難所では、手持ちのスマートフォンやタブレットを使用して撮影・登録することも可能。各避難所で登録した顔写真を避難所ごとのデータベースとして保存。
照合は、スマートフォンやタブレットからアプリを使い、写真をアップロード。データベースとして登録された写真のなかから、システム上で類似度が高いと判断された写真が検出され、どこの避難所にいるのかを照合できる。
プライバシー保護の観点から、照合対象を除外する機能がついている。また、登録情報にアクセスできるのは自治体職員のみを想定している。

◆主な特長
・複数のネットワークカメラからの顔写真の取り込みが可能
・ネットワークカメラを設置できない避難所でも、スマートフォンやタブレットからの撮影・登録が対応
・分散処理に対応して高速処理が可能
・スマートフォンやタブレットに保存されている写真を使用して、家族がどこにいるかを照合
・検索結果には類似度を表示
・避難所の移動・統廃合にも対応
・検索対象を除外する機能で個人のプライバシーを保護

今後、同社が防災分野で支援している自治体を中心に提案していき、大量の顔写真データベースを高速に検索できる機能を利用して、セキュリティ強化につながる防犯分野や勤怠管理などのシステム分野への展開も視野にいれているとのこと。

(株)理経
https://www.rikei.co.jp/product/616/