アナログビデオを録画・再生するNVRとアナログビデオ信号をIP信号にエンコードするAHD対応製品新発売

 DYNACOLOR JAPAN(株)は、様々なアナログビデオを録画・再生出来るSLHDシリーズNVRとアナログビデオ信号をIP信号にエンコードするLシリーズエンコーダーの発売を発表した。
SLHDシリーズNVRとLシリーズエンコーダーは、NTSC/PAL、960H、AHD1.0、AHD2.0、AHD3.0、CVI、TVI等、多種のアナログビデオに対応できる。入力されたアナログ画像はH.264圧縮されデュアルストリーム変換される。1stストリームはFHD、720P、960H又はD1のいずれかを選択でき、CIFが2ndストリームとして重畳される。
アラーム入出力は外部入力に加え、動き検知、ビデオロス検知でトリガーされ、イベント録画、外部リレー出力が可能。
この他、DynaGuard、DyanRemoteの2つのアプリケーションにより遠隔監視システムも構築できる。コンパクトな4CHモデルから8CH、16CHモデルまで用途に応じ最適な機種を選択できるよう、SLHDシリーズNVRはL4HD、SL8HD、SL16HDを、LシリーズエンコーダーはL4、L8、L16と各3モデルを準備した。

DYNACOLOR JAPAN(株)
TEL 03-3265-0037
http://www.dynacolor.co.jp