白黒センサー搭載のMOBOTIXカメラ用PoE給電高性能赤外線投光器MxIRLightシリーズ シンプルな設置で15°~120°の6つの異なる角度で照射

 革新的ネットワークカメラシステムを提供するMOBOTIX AG(Langmeil, Germany)の日本パートナーであるMOBOTIX JAPAN(K.J.フェロー)は、MxIRLightシリーズの販売を開始した。
並外れた光感度の6MP Moonlight画像センサーにより、MOBOTIXカメラは困難な照度条件において、また、人工的な追加ライト無しでも使用することが可能。低消費電力のLEDテクノロジー(最大9W、PoE+スタンダード)を持つ新しいコスト効果が高く長期持続性の高いMxIRLight赤外線投光器は、3~5ルクス(比較:街灯は10ルクス)以下の非常に暗い状況或いは完全に暗い状況において価値が有ることを証明できる。これは特に、高解像度やMxActivitySensor或いは外製の車番認証のようなインテリジェントな解析機能を求められるカメラの設置場面において適応する。MxIRLight赤外線投光器によってもたらされる光は、従来の白色照明とは対照的に、赤いかすかな光として人間が感知でき、白黒センサーを搭載したMOBOTIXカメラによって完璧に感知できる860nmの赤外線波長を生成する。

◆屋外使用のための6種類の防水モデル(IP67)
MOBOTIXは、コンパクトでソリッドなアルミニウムハウジング(高さx幅x奥行: 90 x 115 x 51mm)の6種類のパワフルなMxIRLight投光器を提供。投光器の違いは、その照射角(水平と垂直:120°、90°、60°、45°、30°、15°)と最大距離(20m、35m、50m、80m、120m、160m)にある。照射角が狭いほど、光は狭く到達距離は長くなる。投光器は使用するカメラの画角と一対となる必要がある。

◆シンプルな設置とオペレーション
標準で投光器(ネジ接続)の共通ブラケットがあり、どの標準の投光器のオプションとしても利用可能なLブラケットで拡張することができる。
MxIRLightはまた、MOBOTIXのRJ45コネクターに90cmのケーブルで取り付けられる。これにより、防水性を可能にし、ユーザーが追加の装置無しでMxSplitProtect(別項目に記載)にデバイスを接続することができる。市販のコネクター(防水保護されたもの)或いはMOBOTIXのOvervoltage-Protection-Boxは、耐候性のある接続を確立するためにPoE+給電(IEEE802.3at)を利用するMxIRLightで使用されるイーサーネット・ケーブルに直接接続するMOBOTIXのRJ45コネクターと一緒に使用することができる。
MxIRLightの裏にあるフォトセンサーにより、MxIRLightは、センサーが3ルクス以上か以下かで光の条件を検知し、自動的にスイッチをオン/オフする。スイッチがオフになるのは検知してから150秒後。従って、MxIRLightは、フラッシュライト、車のヘッドランプや雷などによる一時的な光の増加の場合にはスイッチはオフにならない。赤外線投光器を設置する際、フォトセンサーは殆どの部分が覆われていたり影になっていたり、或いはセンサーがカメラの監視範囲外の光源に向いていたりしてはいけない。

◆アクセサリー: M16/M15、M26/M25用マウントブラケット
MOBOTIXはアクセサリーとして白いアルミニウムのブラケット付の2種類の設置セット(Mx-M-IRA-MLとMx-M-IRA-M)を提供。 M16/M15或いはM26/M25のVarioFlexウォールマウントにMxIRLightを設置する際に調和する洗練されたデザインとなっている。

MOBOTIX JAPAN(K.J.フェロー)
TEL 045-227-6174
http://www.mobotix-japan.net