街の防犯・安全管理に貢献 屋外ドームカメラ一体型レコーダー 「タウンレコーダー」シリーズ、新機種を発売

TOA(株)は、屋外ドームカメラ一体型レコーダー「タウンレコーダー」1機種の発売を開始した。
「タウンレコーダー」シリーズは、撮影機能と録画機能を一体化したオールインワンタイプのレコーダー。フルHD(1920×1080ピクセル)の高精細映像での撮影・記録に対応し、IP66対応の防塵・防滴筐体により直接雨がかかる屋外に設置可能。電源供給用AC100V配線だけで動作することから、映像信号線が敷設困難な街頭や、広い敷地を持つ施設でも設置可能で、街の防犯・安全管理に貢献する。撮影した映像は本体内蔵SSDに常時録画され、有事の際は内蔵の無線LANを通してパソコン上から確認、映像の取り出しが可能。
新機種は、内蔵SSDへの録画に加え、あらたにSDカードへの同時録画に対応。記録の二重化による信頼性向上に加え、SDカードを取り出して直接パソコン等で再生が可能になるなど、利便性も向上した。
フルHD画質での約2週間の連続録画を実現。GPSによる内部時計の自動補正により、事故等の発生時刻を正確に記録する。映像の確認や同機の設定に無線LANを使用することから、パソコンを近づけてもタウンレコーダーのSSIDが表示されない「無線LANステルス機能」を装備。不正アクセスを防止。撮影機能では、3倍電動バリフォーカルレンズを搭載。パソコンから無線LANでズーム・フォーカスの調整が可能なほか、オートフォーカス機能も装備している。また、逆光でも見やすい映像を撮影する「ワイドダイナミック機能」、夜間に自動的に感度の高い白黒撮影に切り替えて撮影する「デイナイト機能」、民家の窓など撮影してはいけないエリアをグレーに塗りつぶす「プライバシーマスク機能」など、屋外の24時間撮影に適した機能を搭載している。

◆市場
屋外駐車場、公園、交差点、通学路などの安全管理。

TOA(株)
http://www.toa.co.jp/