アラブ首長国連邦ドバイ警察と共同プロジェクト開始、MOU 締結へ ドバイの生活安全にかかわる諸問題を、システムインフラ構築・装置開発で解決

(株)三笠製作所とドバイ警察(Dubai Police General Headquarters)は、システムインフラ構築や装置開発における共同プロジェクトを開始するために、MOU を締結した。
中東における貿易・商業の拠点都市として知られるドバイは、経済的な発展による華やかな面が知られる一方で、過酷な気候条件のもと、移民労働者が数多く住む多民族国家でもある。また、世界屈指の観光都市でもあることから、高いレベルのセキュリティーが常に求められており、警察が担う役割も大きいとされている。
ドバイ警察が、UL508A 認証制御盤メーカーであり中東の電気規格を網羅し、かつ、電気制御・IoT・国際安全規格に定評のある三笠製作所との共同プロジェクトを開始し、各種インフラの共同開発を決定したことから、今回のMOU 締結に至った。すでに両者は下記の各テーマについて協議しており、MOU 締結後は開発を加速、2020年までに随時導入を目指す。
同社は、中東の電気規格を網羅した設計開発製造を、優れた技術や製品を保有する日本の企業とも実施し、ドバイの抱える問題を解決するために、ドバイ警察への導入を目指す。
・犯罪者や交通違反車をカメラで捕捉する次世代パトロールバイク
・ナンバープレートやヘルメットに搭載する車間距離測定カメラ
・高性能ドライブレコーダー
・犯罪発生率の高低を可視化する地図アプリケーション
・迷惑電話フィリタリングシステム
・高性能ロボット警官

(株)三笠製作所
http://www.mikasa-med.co.jp/