IoTネットワーク「Sigfox」を活用した 防犯ブザー(見守り端末)のOEM提供開始 高性能見守り端末を利用したソリューション提供

アイ・サイナップ(株)は、京セラコミュニケーションシステム(株)と、新無線通信技術「LPWA」の1つであるIoTネットワーク「Sigfox」を活用した防犯ブザーのOEM提供において、協業を開始した。
今回利用するSigfoxは、低コスト、低消費電力、長距離伝送を特長とした、グローバルな通信規格。2009年よりフランスで導入が始まり現在36カ国に展開、2018年までに60カ国に拡大する予定。 Sigfoxを活用したIoTソリューションは、物流、社会インフラ、ヘルスケア・見守り、防犯・防災、農業などの分野で欧州での普及が先行しているが、日本でも普及しつつあり、今後、様々な分野での活用が見込まれている。
見守りサービスはセルラー系とBLE系を利用したものがあるが、セルラー系は月々の通信料金が高価で維持費が高くなる、BLE系はスマホに電波が届いた場合に位置を通知するので実際の位置が曖昧になるなどの一長一短があったが、SigfoxとGPSを組み合わせることで低価格で正確な位置情報を提供できる。このような見守り端末が抱える課題解決に向けて、両社は協業し、Sigfoxを活用した防犯ブザー(見守り端末)のOEM提供を開始した。

アイ・サイナップ(株)
http://www.ai-cynap.com/

京セラコミュニケーションシステム(株)
http://www.kccs.co.jp/index.html