安全・安心の警備体制と、スマートフォンを活用した 先進のセキュリティスタイル 「東急スマートセキュリティ」サービスの提供を開始

東急セキュリティ(株)と、イッツ・コミュニケーションズ(株)は、両社のサービス特長を活かした共同事業としてIoT(Internet of Things)を活用したホームセキュリティ「東急スマートセキュリティ」サービスを、東急線沿線を中心としたサービスエリアで2017年11月より開始した。
「東急スマートセキュリティ」サービスは、東急セキュリティの安全・安心の警備体制によるホームセキュリティと、イッツ・コミュニケーションズが提供するインテリジェントホームのIoTプラットフォームによる生活便利機能が組み合わされた先進的なサービス。
室内に設置したタッチスクリーン(主装置)、ドア・窓センサーまたはモーションセンサーによる24時間365日の警備監視と各機器からの発報に基づく警備員の駆けつけ、スマートフォンからの遠隔操作を基本サービスとして月額利用料3,980円から利用できる。
加えて、ユーザーのニーズに合わせて、子供の帰宅や外出時のペットの様子を遠隔で確認できるIPカメラ、外出先から施錠確認できるスマートロック(電子錠)、スマートコントローラー(家電コントローラー、スマートスピーカー)などのIoTを活用した生活便利機能を付帯(オプション)サービスとして、利用できる。

◆特徴
・スマートフォンによる遠隔操作・見守り
宅内に設置したタッチスクリーン(主装置)でできる操作を、スマートフォンにダウンロードしたインテリジェントホームアプリを使って遠隔操作が可能。さらに、LINEアプリで、セキュリティ操作はもちろん、IoT機器の遠隔操作も実現。
・東急セキュリティによる安心・安全の地域密着型警備体制
半径約2.5kmに一箇所の割合で警備員待機所を設置。
24時間365日 安心の警備体制。
発報に基づき警備員がいち早く駆けつける。
・豊富なIoT機器ラインアップ
同一アプリで、ホームセキュリティとIoT機器を一元的にコントロールできる。

東急セキュリティ(株)
http://www.itscom.net/service/smart/tokyu-smart-security/index.html