2022年度(平成34年度)末までに 相鉄線全駅にホームドアを設置 全てのお客さまが安心して利用できる駅へ

相模鉄道(株)では、2022年度(平成34年度)末までに相鉄線全駅にホームドアを設置することを発表した。同社では、これまで内方線付き点状ブロックや非常停止ボタン、転落検知マットの設置等さまざまな安全対策に取り組んできた。2017年(平成29年)には相鉄線で最も乗降人員が多い横浜駅(1日平均乗降人員 約42万人)にホームドアを設置。今後、より安心して利用できるよう、1日平均乗降人員が10万人以上の海老名駅・大和駅に加え、主要駅である二俣川駅や湘南台駅から順次設置を進め、2022年度(平成34年度)末までに全駅に設置する。
この他、盲導犬ユーザーや視覚障害がある方も安全・安心に利用できるよう、駅係員や乗務員の意識と接遇向上を図るための取り組みや、首都圏の鉄道事業者が共同で行っている「声かけ・サポート」運動を実施していく。身体の不自由な方はもとより、高齢者や子供連れの家族も安心して利用できるよう、ハードとソフトの両面で安全性の向上を図り、「選ばれる相鉄グループ」、「選ばれる沿線」を目指す。
なお、ホームドアの設置にあたっては、国および地方自治体の協力のもと進めていく。

◆その他の安全対策
・ホーム上
内方線付き点状ブロック
列車非常停止ボタン
スレッドライン
落下物検知マット
ホーム下待避スペース・ホームステップ
・車両
転落防止幌
・その他
ソフト面の安全対策

相模鉄道(株)
http://www.ashita-tsukuru.jp