インシデント対応を疑似体験できるビデオシミュレーションゲームを無償提供 事業継続に必要な技術的・組織的対策をゲーム形式で学べる教材

トレンドマイクロ(株)は、組織の中でセキュリティ対策を企画、実施していく担当者を対象に、シミュレーションゲーム形式でセキュリティ対策の強化方法を学べる教材、サーバセキュリティビデオシミュレーションゲーム「Data Center Attack」の無償提供を開始した。
この教材を通じて、企業や団体の情報システム担当者、セキュリティ担当者は、
自組織がランサムウェアをはじめとした事業継続に影響を及ぼしかねない
サイバー攻撃を受けたときに求められる技術的対策と組織的対策に関する知識
を習得することができる。

以下のサイトで利用可能。
サーバセキュリティビデオシミュレーションゲーム「Data Center Attack」
www.go-tm.jp/dc-attacks

同社の調査(「法人組織におけるセキュリティ対策 実態調査 2017年版」2017年6月に実施より)では、法人組織の9.3%が組織内サーバのウイルス感染、7.6%がランサムウェアによる業務データの暗号化といった被害に遭っており、企業や団体を狙うサイバー攻撃は依然深刻なものとなっている。
企業や団体におけるセキュリティ対策の必要性はさらに増しており、自組織のシステム構成にあわせた対策を検討することが重要。同ゲームは、組織の中でセキュリティ対策の企画、実施するセキュリティ担当者を対象としている。プレーヤーは、架空の病院の新たなセキュリティ担当者として、病院のセキュリティ課題を見つけ、必要な対策を講じていく役割を疑似体験する。これにより、サイバー攻撃に対する技術的対策に加えて、組織として取り組むべき対策を約10分で学ぶことができる。(教材は日本語、英語に対応している。)

トレンドマイクロ(株)
営業 TEL 03-5334-3601
http://www.trendmicro.co.jp