オンラインによる対面認証サービス 「どこでも本人確認」の提供を開始 遠隔地間でオンラインによる対面型の本人確認手続きを実現

(株)ディー・ディー・エスは、遠隔地においてスマートフォンなどのネットワーク端末を用いてオンラインによる対面認証サービスを実現する「どこでも本人確認」のサービス提供を開始することを発表した。
ネットユーザーがECサイトや民泊サイト等で取引や決済を行う場合に、様々な場面で登録やログインなどの際に本人確認手続きが必要とされている。特にネット上でのオンラインサービスを利用するなかで、ネット上に収まらずオフラインに残されている非効率な課題のひとつが、リアル環境における対面での本人確認書類提示による本人確認手続きだ。
現在、ネット上で取引口座を開設し物品を購入したりする際、事業者が口座開設希望者に対し転送不要郵便を送付して証明書類による本人確認などを行う必要がある。このため、ネット上では本人登録の手続きが完了せず、口座開設希望者にとっては時間を要する上にわずらわしく、事業者にとっては手間や郵送費用などのコストが大きな負担となっている。
同社では、近年ネット上の取引が普及する中で、手続きをスピーディーに安全かつ快適に行う遠隔地間の効率的な本人確認サービスとしてFIDO(Fast IDentity Online)規格に準拠したソリューション「どこでも本人確認」を開発した。

◆オンラインによる対面認証サービス「どこでも本人確認」
「どこでも本人確認」は、FIDO規格に基づく公開鍵暗号方式と生体認証等の技術による本人確認機能を有し、ネット上での本人確認手続きを実現する。特許申請中のMDM(Mobile Device Management:遠隔端末管理)技術を応用しており、オンラインでの対面による本人確認と証明書類の回収を同時に行えるサービス。また、登録後は生体認証によるパスワードレスでのオンライン認証規格FIDOに基づくセキュアなログインが可能になる。サービスを利用することで、自社サイトにおいてネット上だけで口座開設等の手続きが完了する登録時の仕組みや、ユーザーを煩わしい本人確認から解放しサイト離脱率を低減させるといったユーザーフレンドリーなログイン時の仕組みを構築できる。

(株)ディー・ディー・エス
https://www.dds.co.jp/