三井住友カードと米国Dynamics Inc.が提携し世界初「ロック機能付きクレジットカード」を近日発行予定

 三井住友カード(株)およびDynamics Inc.(本社:米国)は、米国ラスベガスで開催されている世界最大規模のエレクトロニクスショーである「CES(Consumer Electronics Show、ブース30359)2018」会場にて、世界で初めての「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本市場で展開する計画を発表した。
新型カードにはLEDランプや液晶、番号を入力するタッチ式ボタンが搭載されており、カードを利用する都度、カード上のタッチ式ボタンでユーザー自身が設定したパスワードを入力して起動させる。起動させると液晶にカード番号が表示され、表示中のみ、磁気ストライプ・ICチップの機能がアクティベートされ、店頭決済はもちろん、インターネット決済でもカードを利用することができる。カード利用後は、液晶のカード番号が非表示となり、磁気ストライプ、ICチップの機能が停止するため、カードが利用できなくなる。
カードをアクティベートするためのパスワードは、カード受け取り後、ユーザー自身で設定する。設定したいパスワードを2回入力するだけのわずか数秒で設定が完了。
このカードは、従来の決済インフラや加盟店システム(端末等)で利用できるため、ユーザーは既存のVisa加盟店で通常通りカードを利用することができる。
またDynamics Inc.は「CES2018」にて、カード情報のダウンロード機能を持つ世界初のカードとして「Wallet Card(TM)」を公開した。この最新技術に対して、米国技術協会(CTA)は「セキュリティー技術に関するイノベーション最優秀賞」を含む「CESイノベーション賞」を4賞、および「より良い世界のための技術・コンピュータ・組込技術部門」の入選を、Dynamics Inc.を含む複数社へ授与した。Dynamics Inc.のこの技術は、決済に関わる企業としては史上初めて、世界最大の国際家電見本市で最も名誉ある賞を受賞したことになる。三井住友カードは、その受賞技術を活用し、世界で初めての新型カードを発行する。