地域の安全と安心を包む!学生団体の発案した 「防災観光ふろしき」がクラウドファンディングを開始

芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「すみだの’巣’づくりプロジェクト」が発案した「防災観光ふろしき」のクラウドファンディングが、WonderFLY(全日本空輸(株)運営)・A-port(朝日新聞社運営)の両サイトにて公開された。2018年2月23日(金)まで支援を募り、防災観光ふろしきを製作して墨田区在住の小学生へ配付することを目指す。防災意識の向上に向け、ふろしきを使用したクイズやゲームなどの交流イベントも実施予定。

【WonderFLY】 https://wonderfly.jp/cf/ideas/875
【A-port】  https://a-port.asahi.com/projects/bousaihuroshiki/

◆「防災観光ふろしき」
避難経路、避難場所などが記載されている防災マップが日常的に活用されていない点に着目し、超撥水・難燃性の布を使った風呂敷に防災マップを印刷。日常で風呂敷として使いながら、非常時は避難の道しるべとなるほか、超撥水性を生かしてバケツになったり、難燃性を生かして火の粉から身を守ったりすることができる。防災情報だけではなく、観光・文化資源も記載し地域の魅力を詰め込んだ。
マップ作成と生産は墨田区の企業、行政、NPO、まちづくり組織、町内会などと協力して行っており、現在試作中。返送品の確定を通して製作と販売の体制作りを今後具体化してゆく。

※写真は試作段階のため、完成品と異なる場合があります

芝浦工業大学