登山者の位置をリアルタイムに見える TozanMap(登山マップ)を発表 150MHz帯LoRa技術を活用した超長距離通信により、 IoTで登山者の広範囲の見守り実現

(株)サーキットデザインは、遭難者をいち早く発見するため、険しい山岳地帯など携帯電話圏外においても登山者の位置をリアルタイムに確認できる無線システム「TozanMap」を開発し、2017年夏の期間、北アルプス一帯で実証実験を行った。

◆実証実験
「TozanMap」は登山者が重さ60gほどのGPS付き登山者端末を携帯し、山小屋に設置した基地局と中継局を通じて位置情報をクラウドにアップし、スマートフォンやPCなどのブラウザで登山者の位置情報をリアルタイムに確認できるシステム。
今回の実験では、NPO法人北アルプスブロードバンドネットワークの協力のもと、槍ヶ岳山荘、蝶ヶ岳ヒュッテ、西穂山荘、(株)サーキットデザインの4箇所に基地局と中継局を設置し、登山関係者が登山者端末を携帯し北アルプス一帯を登山した。
実験の結果、最大到達距離は約40キロで、北は唐松岳、南は乗鞍岳まで超長距離通信を達成し、登山者の今現在の位置情報をブラウザに表示し見守りできることを確認した。
実証実験で使われた技術は、急峻な山岳地形や、生い茂る樹林帯においても電波伝搬特性のよい150MHz帯を使用したLoRa変調の無線。従来の無線と比較しても省電力で広範囲に届くため、電源が取れる山小屋数カ所に設置することで、北アルプスのほとんどのエリアをカバーすることができる。

今後は、山岳遭難救助の効率化にかぎらず、登山ガイド等の付加価値向上や、携帯電話不感地帯での行動管理(例えば林業従事者など)への展開などに取り組んでいくとのこと。

(株)サーキットデザイン
http://www.circuitdesign.jp