5G基地局の設置点検に、DC48V出力ポータブル蓄電池PowerGoパワーゴー「PG3000」「PG6000」を2月19日発売

(株)ネットランドジャパンは、5G基地局の設置点検に最適なDC48V出力を搭載した「PG3000」「PG6000」をポータブル蓄電池ブランドPowerGoパワーゴーから2018年2月19日(月)より販売を開始する。
同商品は、AC100V、DC12Vに加えてDC48V/50A、DC48V/3Aの出力を備えたポータブル蓄電池。AC出力は定格3,000W、リチウムイオン電池容量はPG3000が2,962wh、PG6000が5,656whという大容量のハイスペックポータブル蓄電池。両機種ともにAC入力充電とソーラーパネル入力充電機能を持つ。
2020年の商用化に向けてキャリア各社が投資を進める第5世代移動通信規格(5G)。基地局の設置や点検においては、電源が確保しにくい山中やビル屋上にある場所も多いことから持ち運び可能なポータブル蓄電池のニーズが高まっている。さらに通信設備機器が使うDC48Vの電圧を給電することにより、効率的かつ安定的な電力供給を行うことができるようになる。

◆主な特徴
・AC出力、DC12V出力に加えてDC48V出力
・リチウムイオン容量はPG3000が2,962wh、PG6000が5,656wh
・AC入力、ソーラーパネル入力
・持ち運びに便利なキャリー機能付き

ポータブル蓄電池PowerGoパワーゴーは軽量小型で高出力大容量を兼ね備えたハイスペックポータブル蓄電池。基地局の設置点検のほか、防災BCP(事業継続計画)、放送機器、アウトドアなど幅広いジャンルで活用されている。

(株)ネットランドジャパン
http://powergo.jp/pg30006000.html