「QRコード」で駐輪機の施錠・解錠・支払いが可能に「電磁ロックシステム駐輪機」を開発

日本綜合開発(株)は、横浜特殊船舶(株)とともに、スマートフォン(QRコード)を利用しての駐輪機での施錠・解錠・支払いが出来る自転車・バイク用の「電磁ロックシステム駐輪機」を開発致した(特許申請中)。
従来の精算機を使用しないことによって、高額な設備投資が不要となり、小スペースの場所や、駐車場の一部に駐輪機の設置が可能となった。
自動車1台分の駐車スペースを駐輪場に代える事によって、安価に自転車、バイクの駐輪機が設置でき、コンビニ等の店舗の敷地内にも駐輪スペースが作れる。
2018年に、自転車活用推進法が可決されたことで、シェアサイクルの新規事業者が、次々と名乗りを挙げてきている。しかし、ポートの確保が難しく、各ポートの自転車最適台数にするための移動作業費用もかかるため、事業採算性も問題視されている。結果、従来の自転車側のシェアサイクル管理システムだけでは、新たな放置自転車の問題が発生することが危惧されている。
同社は、今後、シェアサイクルの新規事業者と組む事により、横浜特殊船舶の、40年以上の駐輪場の管理システム実績のノウハウを生かした「QRコード決済付駐輪機」を導入し、自転車側と駐輪機側のシステムを活用することで、違法駐輪の増加問題の解決を可能にした。
また、利用者がスマートフォンの利用で空き駐輪場の位置情報も入手することも可能であり、今後、駅・ホテル・駐車場内のスペースに設置し、インバウンド向けレンタサイクル事業も視野に入れて事業を拡大していくとのこと。

日本綜合開発(株)
http://www.nissoukaihatsu.com/