超高精細・コストパフォーマンスに優れたH.265+/H.265(HEVC)方式4Kフィッシュアイ・ネットワークカメラを発売

(株)LISWAYは、超高精細・コストパフォーマンスに優れたH.265+/H.265(HEVC)方式4Kフィッシュアイ・ネットワークカメラの販売を開始した。
同社はH.265(HEVC)方式ネットワークカメラや4Kネットワークレコーダー(4K NVR)の販売を行ってきた。
ユーザーからコストパフォーマンス、画質や品質が良いと高い評価を受けているが、更に店舗等に適した4K方式のフィッシュアイ・ネットワークカメラが欲しいとの声が多く、今回H.265+/H.265(HEVC)方式4Kフィッシュアイ・ネットワークカメラの発売を開始した。既存のHD防犯カメラの下記要望に対応し、ワンランク上の防犯システムを低コストで構築可能。
・設置場所が限られるのでコンパクトに設置できる防犯カメラが欲しい
・もっと細部までくっきり見えるフルHD×4chのフィッシュアイ・防犯カメラが欲しい
・HDD容量やネットワーク帯域をこれ以上増やしたくない

◆主な特長
・H.265+/ H.265(HEVC)コーデック方式
次世代コーデックH.265+/H.265(HEVC)を採用し、画像ビットレートを従来の4Kカメラの1/4~1/5に低減したことにより既存の4K防犯システムの下記欠点を改善した。
4Kカメラはデータ容量が大きいため録画時間がフルHDの1/4以下になる
4Kカメラはデータ容量が大きいためネットワーク帯域が4倍になり安定した運用が困難
・4K超解像度
最大4000×3000で18fpsを実現し、フルHD(1080p)×4chの撮影が可能。
・1200万画素CMOSセンサー
1/1.7”1200万画素のCMOセンサーを採用しており、高精細で鮮明な撮影が可能。
・多彩な表示モード
オリジナル(FishEye)、360°パノラマ、180°×2、4画面表示等、多彩な表示モードを選択可能。
・録画システム互換モード
既存のNVRやVMSシステムで録画でき、目的に合わせて2つのモード(バンドルストリームとマルチストリーム)を選択可能。
・3種類の設置に対応
シーリング(天井)、ウォール(壁)、フラット(床)3種類の設置に対応して画像アングル等を設定可能。
・スーパー-WDR
スーパーWDRを採用しており、コントラスト差の大きい被写体でも暗部の黒つぶれが少なく明るい撮影が可能。
・4K・H.265+/H.265(HEVD)対応ネットワークレコーダー対応
4K H.265+/H.265(HEVC)対応NVRネットワークレコーダーを提供しており、高性能4Kパソコン無しで低コスト4K防犯システムを構築可能。
・カメラ電源工事不要(Power over Ethernet<PoE>受電)
カメラはPoE(IEEE802.3af準拠)に対応しており、PoE規格対応のスイッチングハブから電源供給が受けられ、カメラ専用の電源工事の必要がない。
・スマホから簡単視聴可能(P2Pモード)
IDとパスワード入力するだけで、インターネット経由でスマートフォンから画像の視聴が可能なP2Pモードを標準搭載しており、P2Pモードは面倒なルータ設定が不要。
・標準インタフェース規格ONVIF Profile S
ネットワークカメラ製品のインタフェース標準規格ONVIF Profile Sに対応しており、互換性のある他社製品との接続も可能。

(株)LISWAY
http://www.lisway.co.jp/