IoT向け通信サービスを強化 IoTデバイス用に低容量の100MBプランや 上り高速の300GBプラン、固定IPオプションを拡充

ビッグローブ(株)のモバイルサービス「BIGLOBEモバイル」が、法人を対象としたIoT/M2M向け通信サービスを強化する。通信量の少ない「100MB」「500MB」プランと、アップロードに特化した「上り高速300GB」「上り高速200GB」プランのほか、「モバイル固定IPオプション」について受付を開始した。
BIGLOBEオフィスサービスのIoT/M2M向け通信サービスは、電力量、水量、温湿度、加速度といった通信容量の少ない環境データを扱うIoTデバイス向けに、月額400円(税別)から使える「100MB」プラン、「500MB」プランの販売を開始。また、下り回線の速度を制限しながらもアップロードが高速なプランを用意し、これまで10GBから100GBまで4つの月間容量プランだったものに、月額15,500円(税別)で利用できる「上り高速300GB」や「上り高速200GB」を追加することで、防犯カメラやドライブレコーダーのニーズに対応する。
さらに、IoTデバイスの遠隔監視やアクセス制限を行うために活用できる「モバイル固定IPオプション」の提供も開始。法人向けのBIGLOBEモバイルサービス専用のオプションサービスで、1IPアドレスにつき月額500円(税別)で利用できる。

ビッグローブ(株)
https://office.biglobe.ne.jp/m2m/