ボタンタッチ&LED点滅で信号無しの横断歩道も安全に ソーラー充電採用の交通安全対策製品を発売

保安道路企画(株)は、“横断歩道を安全に渡れる”というコンセプトをもとに開発したLEDの点滅で歩行者の存在を車に知らせる製品「ぴかっとわたるくん」の販売を開始した。
信号機のない横断歩道は約90%の車が停車しないと言われている。横断歩道に人がいても無視されることもあり、高齢者や子どもにとって危険だと感じる場所。特に事故が多いのは夕方日が暮れる時間帯、車両が歩行者の横断に気づかずに事故に繋がってしまい、問題になっている。
そこで、LEDの点滅で歩行者の存在を知らせる製品「ぴかっとわたるくん」を開発した。横断時にボタンを押すと15~30秒間車両に向けてLEDが点滅し、歩行者の存在を知らせる。
シンプルな設計とソーラー充電を採用し、電源不要で5年間メンテナンスフリーと管理しやすい製品になっている。このような製品は現在世界でも注目を集めており、海外で年間約1万箇所に設置されている。

保安道路企画(株)
http://www.hoandoro.jp/products/pikatto.html