留守中の合鍵の使用を表示し、使用者が侵入を確認できる新機能を搭載した新タイプのFe-Lock Light販売開始

(株)計電産業は、賃貸物件等の集合住宅で好評のRFID技術で情報を照合し扉の施解錠を行う既存カギから扉に加工することなく取替が可能な非接触IC取替錠「Fe-Lock Light」(エフイー・ロック・ライト)にマスターカードを所持している管理会社や建物オーナー・両親や交際相手等、部屋を開ける事ができるカードの所持者が留守の間に扉を開けようとした形跡を入居者へ知らせ、留守中の部屋を見守る「合鍵使用の表示機能」を搭載した「Fe-Lock Light ウォッチタイプ」の販売を7月2日より開始する。
「Fe-Lock Light ウォッチタイプ」は入居者本人が帰宅しカードキーを使用して入室する時に、留守の間に入居者の所持しているカードキー以外の使用があった場合にLED表示で入居者に知らせる新機能「合鍵使用の表示機能」を搭載した。
近年では合鍵の所持者による入室のトラブルや、合鍵を用い侵入するなどの事件も報道されている。このような事から、入居者は誰かが入ったかもしれないとの不安を常に感じており、「合鍵使用の表示機能」留守中の合鍵の使用を記録することで部屋を見守り、入居者の不安を取り除き安心な生活を提供する機能。
また、管理会社においては内部でのマスターカード等の不正利用の抑止にもなり、安心な賃貸物件を提供している管理会社であることを印象づける。
どのカードが留守中に使用されたか後から確認することも可能で、事件があった場合警察捜査の手助けにも繋がる。

◆特長
・留守の間に扉を開けようとした形跡を利用者へお知らせ
・既存のカギから簡単に交換可能
・おサイフケータイ、FeliCa、MIFARE規格のカードがカギになる
・色と光で操作をガイド、直感的な操作を実現
・乾電池式で3年以上(1日10回)の高寿命
・建物管理をサポートする様々な機能を搭載
・防滴構造で屋外への設置もOK
・小型軽量(H152.8×W62.8×D48.3mm・420g)

(株)計電産業
http://www.keiden-jp.com/