標的型サイバー攻撃への迅速な対処を実現するMDR提供に向けた新規サービスの試験提供を開始

(株)インフォセックとトレンドマイクロ(株)は、標的型サイバー攻撃の兆候を早期に検知し、被害拡大を防止することを目的としたMDR(Managed Detection and Response)提供に向け新規サービスの試験提供を開始した。新サービスである「端末アセスメントサービス」と「端末追跡分析サービス」は大手企業や自治体を主な対象としてインフォセックが提供し、2018年秋の商用提供までの期間に30社の試験導入を目指す。
両社は、標的型サイバー攻撃対策において協業し、「Deep Discoveryファミリ」による標的型サイバー攻撃の監視サービスを2017年2月より提供している。昨今ネットワークを介した情報システムへの攻撃は年々高度化し、より巧妙かつ発見されにくいものへと進化を続けている。標的型サイバー攻撃の兆候を早期に検知し、被害拡大を防止するには、エンドポイントからネットワークまで多層的に監視し、対処していくセキュリティ対策がますます重要となっている。今回の協業では、エンドポイントの監視を強化し、脅威の効果的な発見と侵入発見時の早期対処を実現する。すでに提供しているネットワークの監視サービスと併せることで、標的型サイバー攻撃に対抗する多層的な監視が実現する。

◆サービス名および概要
・端末アセスメントサービス
顧客の業務端末に潜伏する脅威を検出し、その結果をレポートにまとめ脅威レベルおよび対策案を提供するアセスメントサービス。
・端末追跡分析サービス
感染が疑われる端末を調査・分析し、その結果をレポートにまとめ、不正プログラムの動作状況、脅威レベルおよび対処案を提供するインシデントレスポンス支援サービス。

(株)インフォセック
https://www.infosec.co.jp/

トレンドマイクロ(株)
https://www.trendmicro.com/ja_jp/