セルフサービス型のAPIフレームワークを介しあらゆるクラウドアプリケーションの安全性を迅速に確保可能に

マカフィー(株)は、「McAfee(R) CASB Connect Program」を発表した。
「McAfee(R) CASB Connect Program」は、クラウド サービス プロバイダーやユーザー企業が、APIコ ネクターをMcAfee(R) Skyhigh Security Cloud上に構築することができるセルフサービス型フレームワ ークおよびそのプログラム。わずか数日のうちに、コードを一切記述することなく、McAfee CASB Connect Catalog 内のあらゆるクラウドサービスに、セキュリティを確保することが可能。
このプログラムにより、企業はMcAfee Skyhigh Security Cloudを利用して、McAfee CASB Connect Catalog からあらゆるクラウドサービスを確実に取り入れ、既存のすべてのクラウド アプリケーシ ョンに一貫したセキュリティ ポリシーを徹底することが可能になる。
利便性や導入期間の短縮などを理由にクラウドへの移行が進む中、クラウド利用に伴うセキュリテ ィ対策が喫緊の課題となっている。同社では、「Skyhigh Networks」の買収完了後、 SkyhighのCASB(Cloud Access Security Broker)を「McAfee Skyhigh Security Cloud」とし、クラウド セキュリティ ソリューションの中核に据え、日本市場で本格展開を開始している。

企業向け
・?McAfee Skyhigh Security Cloudと同一のポリシーや制御を、共通プラットフォームを通じて数百におよぶ新規アプリケーションにも拡張することができ、Office 365、Salesforce、Slack、 ServiceNowといった既存のクラウド アプリケーション上のデータやユーザーを保護
・ITやセキュリティ組織が重要なセキュリティやコンプライアンスのニーズに対応できるようになり、クラウドサービスの使用が可能に。これにより、従業員の生産性やビジネスのスピードが向上

サービスプロバイダー向け
・企業の無数のデータおよびセキュリティ要件を満たすために、セキュリティ制御をカスタマイズするためのコストと複雑さを回避
・セキュリティおよびコンプライアンスのポリシーや制御を特定のクラウドサービスに拡張しようとする企業が直面する採用障壁を排除することで、ビジネスを加速

マカフィー(株)
http://www.mcafee.com/jp/