無料アプリで災害時に身を守る「ポケットシェルター」 全機能完全無料へ変更

ポケットシェルター(株)は、オフライン地図機能や安否確認などの機能が使えるスマホアプリ「ポケットシェルタープレミアム月額120円」を無料へ金額変更した。さらに新機能として「外国人受け入れ病院」の情報を追加した。
観光×防災アプリ「ポケットシェルター」は、2017年3月にリリースされた観光&防災情報を提供するスマホアプリ。通常時は観光マップとして情報を収集ができるほか、有事の際には自動的に防災モードに切り替わり、緊急地震速報や津波警報の通知など「災害の通知」から「避難行動」、「安否確認」までをトータルサポートする進化した防災アプリ。

◆主な特徴
・ナビゲーションをオフラインでも
ネットが繋がりにくい状況や、遮断された状況に陥った場合でも、普段オンラインで使用するナビゲーションアプリなどと同等の機能がオフラインでできる。
通信制限などが気になる通常時やオフラインに見舞われやすい災害時にも目的地の検索や地図表示、ナビゲートが楽々できる。
・返信する手間は必要なし「安否確認メールの自動送信」
既存の安否確認メールは自分に届いたメールに対して返信をすることで、登録先に安否メールが送信されている。つまり、「自分でメールを送信する」という動作が必要。
しかし、本当に助けが必要な身動きが取れない状況にはメールを送信することが出来ない。
そこで、ポケットシェルターのアプリでは、「メール返信」という動作を排除し、位置情報を元に端末の移動を検知することで、安全である可能性を判断しサーバーから自動的に登録先に安否確認メールを送信する。
・新情報の追加「外国人受け入れ病院」
通常時でも災害時でも役立つアプリとして特に外国人旅行者からの支持が増加している。
その中で「旅行中のケガや病気に備えて外国人でも行ける病院情報が知りたい」という声が多く、今回のアップデートでは新しく「外国人受け入れ病院」情報を全国で約900件追加した。

ポケットシェルター(株)
http://www.pocketshelter.jp/