ASISインターナショナル世界大会(Global Security Exchange)開催

(一社)ASISインターナショナル日本支部は、最新のグローバルセキュリティ活動の一端に触れることができるASISインターナショナル世界大会(Global Security Exchange)を開催する。
米国バージニア州に本部を置くASIS Internationalは、全世界に35,000人の会員を持つ産業セキュリティ専門家団体。
本年も、9月23日から27日まで、ネバダ州ラスベガスで毎年恒例の世界大会が開かれる。
情報セキュリティからフィジカルセキュリティ、法執行、テロ対策など「セキュリティ」の範疇に入るあらゆる分野についての商品とサービスの展示を行うほか、300を超えるセミナーを組み合わせた世界最大のセキュリティイベント。
昨年までは「ASISセミナーと展示会(ASIS International Annual Seminar & Exhibits)」と呼ばれていたが、今年から「グローバル・セキュリティ・エクスチェンジ(GSX)」と名前を変え、さらにパワーアップした大会を目指している。

◆概要
・世界最大級のセキュリティ商材・サービスの展示会
日本のセキュリティショーの約4倍の550社が出展する展示会。事前登録すれば無料。
・300を超えるセミナー
有料(特別の手続きを踏めば465ドル)だが、最新のセキュリティ関連情報に接することができる。
・生きた情報交換
上記の465ドルには、セミナーのほか、基調講演の聴講、毎日の昼食、夕食付き懇親会(水曜開催)への参加費用が含まれている。2,000人を超えるセキュリティ専門家と情報交換ができるのも大きなメリット。

◆大会への参加方法
・旅行会社が催行し、ASIS日本支部が主催するツアーに入って参加する
初めての方にはお勧め。ラスベガスの大会に参加したのち、帰途サンフランシスコに立ち寄って、シリコンバレーと呼ばれるハイテク産業地域内のセキュリティ関連企業視察あるいは一般施設の警備状況視察を行う。
・単独で参加する
米国訪問に慣れている方には、単独参加も可能。

(一社)ASISインターナショナル日本支部
http://www.asis-japan.org/